耳に合う

県内、車を走らせていると、秋を肌で感じます。

週末には、あちらこちらで収穫祭が催され

地元で採れた農産物が新鮮な状態で手に入ります。

JA祭りは賑やかで楽しみの一つです。

いろんな食材が調理され、試食しながら秋の味覚を楽しめます。

新米の御握りは秀逸と言えます。

新鮮な取れたて野菜から、昔ながらの保存食と種類の豊富さは

見た目にも、気持ちも豊かになります。


口に合う食材もありますが、もちろん、「?」という味もあります。

栄養価やカロリー的には変わりないのでしょうが

同じ食するなら、その時の自分の気分にあった、食べ物が一番美味しく思えます。

いわゆる、その口になっている状態。

一方、未知の食材には、好奇心がかき立てられ、味覚に敏感なり新たな発見も得られます。

「うまい!」「美味しい!」と言う記憶は、何度も食べて刻みこむのでなく

一度っきりの経験で、ずっと、覚えています。

感動とすると、記憶に深く刻み込まれるというは、食べる行為で実感しています。


すると、口に合うなら、耳に合うという概念もあっていいのではと。

何気に言われた小学校の先生の一言も、日常的に聞き流した会話よりずーと記憶に残っています。

それが、一生大切にしている金科玉条の様な言葉になる場合もあります。

発信する方は、あまり覚えていないが、受け取った方は鮮明に記憶しています。

研修をさせて頂いていて、数年後、数ヶ月後に会った参加者から

こちらが意識しないで言った言葉や言い回しを大切に覚えて頂き、思い出しているという事あります。


耳に合うと、食と同じような効果があるんだなと、思います。


料理人が、お客様の状態や体調を見て取り、口に合うように、調理するのと同じ位

意識して、ご依頼人の状態や体調を感じ取り、耳にあうように、尽聴するように研鑽してしたいと思っています。


次回は 10/31 です
# by 4uall | 2011-10-24 07:25 | コーチ雑話

人にも免税を

週末は、気温が上がり、半そでで十分でした。


先日、都内で「東京・さかい交流会」が開催されました。

堺市主催で、大竹市長はじめ大勢の職員の方がお越しになり

堺の魅力を発信し、良く知ってもらおうと、催されました。

地元企業の特産、PR、ブース展示もあり、賑やかに行われました。

出身大学が堺市にあるというご縁で、参加させて頂きました。


地元産業振興、PRという事で、進出企業への優遇措置の充実振りにも言及されていました。


堺に限らず、他の行政でも工業団地を作り、企業誘致活動は大変熱心です。


よくあるのが、事業税の免除になります。

企業が来る事によって、雇用は創出されます。

また、人口も流入し、税収は上がるという手法は、

古くからどの地域、国でも行っています。

人口を増やす為に、大掛かりな工場団地造成や企業誘致するだけでなく

人に対しても優遇措置を取りれられると、以前より、考えています。


新しく転入して来た方への住民税を、3年とか5年間還付するという優遇措置です。

規定の税金を納めて後、申請によって還付されるやり方です。

転入して来ないなら、その土地はまったくの何も変わらない。

転入し、人が生活すると、光熱費、食料費、日常品等、必ず経済活動が生まれます。

実際人一人生活すると、年間、数十万、百数十万円位、消費します。

茨城県内で44ある市町村が導入すると、あっという間に数億円、数十億円の

経済効果が見込まれます。


どこの市町村でも、消費者を取り込む施策をどんどん進める様考えています。

この対人免税優遇措置も似たような施策は、実施されている所もあるかとは思いますが

もっと身近に広まって行って欲しいと思っています。


次回は 10/24 です。
# by 4uall | 2011-10-17 09:04 | コーチ雑話

ラヂオつくば FM84.2Mhz AM930-

10月に入りました。

今年も後、3ヶ月。2012年の手帳が売り出されていました。

今年から、4月始まりの手帳に切り替えたので、もう暫く、現行手帳が使えます。


先週、9月27日NHKクローズアップ現代で、コーチングが紹介されました。

“コーチ”をつける社長たち” 

理解しすい内容でしたので、興味ある方は、どうぞ、ご覧下さい。

解説者の発言も「詳細」に掲載さており、参考になります。


それから、今日、ラヂオつくばで放送されます。

茨城チャプターの活動の一つで、つくばにありますNPOままとーんさんで

活動内容についてインタビューを受けました。朝の9:30~です。

お時間ある方は聞いてください。


個人でコーチをつける事も一つの選択肢として考える時期なのではと思います。

家族や会社で話せない事をコーチに話し、自分の役目、役割、役柄を誠実に実行する。

ご自身の状態、思考が健全であることが、結果、周囲との連携を円滑にし集団の力を引き出せます。

コーチを雇うという選択肢、ご検討下さい。


またまた、コーチングについて注目度が高まると期待しています。


次回は 10/17 (10/10祝日の為、お休み)です。
# by 4uall | 2011-10-03 05:33 | コーチ雑話

発酵と腐敗

先週は、台風15号が猛威を振るい、多数被害が出ました。

被害に会われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

台風一過、めっきり涼しくなり朝晩はぐっと冷え込んでいます。



相手に変容を促したい時にコーチングスキルを知っておくと役に立ちます。


コーチがご依頼人様と行っている手法が、日常生活で役立つ接し方が多々あります。


研修業界でよく耳にする単語に「行動変容」があります。

眼に見えて言動に変化が現れるという意味です。

コーチングにおいても、依頼者の「行動変容」には焦点を当てています。

コーチングでは、相手が自ら考えて目標を達成する行為を支援しています。

コーチングスキルを使う際、相手と自分との関わりで使い分けと思考切り分けが必要です。


同じ組織、団体なら、好ましい変容があります。

会社では上司、経営者の考え方、ご家庭では、ご両親の考え方に沿った

変容が望まれ、それは、成長であり、育成と言われます。

利害関係が密接であれば、それは必要な思いであり、意思でもあります。

好ましくない変容だと、評価されません。

反抗的だとか、生意気だとか、役に立たないとか、ぐれているとか言われます。


一方、一般のコーチとご依頼人とでは、契約以外の利害関係はほぼありません。

ご本人がコーチを付けて、何かの目標を達成しようとしている事を支援しています。


行動は強いて言えば、指示・命令通りに「行って、動け」ば事足ります。

考働は、「考えて、働く」意思が必要です。

コーチングでは、行動より考働の方がしっくりきています。

変容も相手の変容であって、変容自体を支援しますが、こちらの望む変容とは異なります。


お酒や漬物、納豆など、日本の食文化に欠かせない製造過程にも似ていると思っています。

食品の化学変化に、発酵と腐敗とがあります。


同じ変化でも、発酵は人に役立つ変化、腐敗は人に好ましくない変化となります。

同じ化学変化でも、区別しています。


同じ集団なら発酵が好ましく、腐敗は好まれない。行動変容でも、同じ感じですね。


相手の状態や係わり合いを鑑み、工夫してコーチングスキルをご利用ください。


次回は 10/3 です。
# by 4uall | 2011-09-26 05:48 | コーチ雑話

会議は難しい

9月に入ってもまだまだ残暑厳しい毎日です。

週末は晴天に恵まれ、近所の学校の運動会も予定とおり開催され賑やかでした。



先日、とある団体に招かれ、会議運営の上手なやり方について研修を行いました。

こちらから会議運営のノウハウを提示するのではなく、参加者同士で、現状を共有し

持論を交換し、相互に触発しながら、上手なやり方の方法を出していきます。

いつの時代でも会議の進め方は難しいと、多くの方が実感していると思います。

会議、打ち合わせ、相談事など、人が増え、価値観が多様化し思い思いの気持ちが沢山ある程集約には時間もかかります。


難しく思うのは、恐らく会議を任される年代層があって、その層に入ってくる世代は毎年いる訳です。

また、その層における、会議運営の経験年数や参加する対象者も様々で、会議の議長と言っても

役職や目的によっても運営の仕方は変化してるからでしょう。


会社、学校、家庭、地域など、多種多様な要素が入り混じっている為に、会議の進め方は難しいと言えると思っています。

要素の一例として、結束力の太さ、目標に対する意思の強さ、親密度、参加に対する温度差などなど。



私もいろんな団体の代表や取りまとめをしていますが、その辺りは実感として分かります。


親密度が高いと、言いたい事が言えて、一時収集がつかなくなる傾向は高いかもしれません。


会議の主旨として、意見の集約か、発想の発散かによっても運び方が違ってきます。

会議時間内の時間帯によっても異なります。

自分の意見の説得が強いと、熱い議論、説得する言い合いになっているかもしれません。


そんな事を踏まえて、数年前から会議や打ち合わせ等で、心がけたり、気をつけている事が次の通りです。

自己分析ですが、割と上手くいっている感じがします。
⇒以下は補足

1.責任者としては方向性を提示する

  ⇒旗印や枠組みは提示します。

2.それに対してそれぞれの思いつき、発想ががあって然るべき。

  ⇒見識豊かな方々の見解が手に入ります。

3.その場にいる人なら、不利益なるようなことは言わない。

  ⇒方向性に寄与する事が出てきます。

4.素案出すが、自分のやり方以外でも事が運ぶなら、固執しない。

  ⇒自己案が最良最善策とは思わない。

5.未知の経験値、実体験が増える、出来る。

  ⇒ここが一番大きい収穫。


これをしていれば万事上手くいくわけではないですが

いづれにしろ会議は難しい事には変わりません。


次は 9/26 です。 9/19は敬老の日の為、お休みです。
# by 4Uall | 2011-09-12 06:14 | コーチ雑話

11/16 みとしん ビジネスマッチングフェア 2011

台風12号がことのほか大きな被害を伴い、四国、中国地方を縦断していきました。

紀伊半島が記録的な豪雨に見舞われ、関西出身者として、知った地名が出るので大変心配です。

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。



さて、ちょっと先ではありますが、展示会にブースを出します。

水戸信用金庫主催のビジネスマッチングフェア。

製造業の頃は、年中出展していましたので、何か血が騒ぎますww。


概要は下記の通り

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~

■日時 平成23年11月16日(水)13:30~15:30 (受付13:00~)

  みとしん ビジネスマッチングフェア 2011

□場 所□ 水戸プラザホテル 水戸市千波町2078-1
□内 容□ ブース展示 88社 弊社ブースNo.76
     地域企業が集うマッチングイベント。製品・商品・サービス・技術等を展示・PR。
ご来場者は自由にブースをご覧になりご商談を行う事ができます。
コーチングのご紹介、研修や人事、採用のご相談を承ります。
      会場で皆さんのご来場をお待ちしています。        
□主 催□ 水戸信用金庫  入場料 無料

=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~=~


いろんな分野の地元企業さんもご来場されると聞いていますので

今後につなげて行こうと、意気込んでいます。




次回は 9/12 です。
# by 4Uall | 2011-09-05 06:27 | 訪問者様へ

Facebook考

Facebook

twitter

mixi

Blog


新しいIT手法が出るたびに、まずは、手をだしています。

誘われたのが、mixi、Facebook。自発的だったのはBlog、twitter

やり始めは、ブログでもそうでしたが、投稿回数が多い時期もあますが

だんだん投稿する内容も、元来豊富にあるわけでないので、苦しくなり

今は、このブログで更新し連動させているだけです。

まず、このブログはmixi,Twitterに反映されます。

TwitterはFacebookに玉突き連動させています。

このブログに投稿すると、3つのSNSへ反映されることにしています。


Facebookでは、実名が基本というルールを多くの方が受け入れている事に隔世の感を覚えます。

以前、IT業界に身を置いた者として、ここまで、実名顔写真を一般の方が公にし

余暇の出来事を投稿し、友達の写真等に、「いいね!」をクッリクできるようなってきた事に

ある種、感心をしています。

HNが当然で、秘匿性が当たり前だったあの頃を知る者としての感想です。


自分は仕事で使いますので、立場を公にしています。営業手段としてのIT活用です。


私用での出来事を、実名で投稿する事には、未だに抵抗感あります。


この実名顔写真への低抵抗感の変化はどこから来ているのか?気になりました。

いろいろ考えてみました。

1.多くの方が使い、安全性もある(身近ではトラブルは聞かない)

2.拒否設定できる

3.「炎上すればアカウントを消せばいい」で通る

4.迷惑条例がある

5.どこまで個人情報を出せばいいのか理解できている。

6.返事、フォローをしなくても、非礼になならい。

7.学生時代の友人や同窓のネットワークを再構築したい欲求が高い

8.友達の「いいね」は信用しやすいし、赤の他人より興味が引かれる

9.足跡機能の廃止、気兼ねなく、いろいろ確認できる

10.友達の自分の知らない友達にはあまり興味が湧かない事が分かった

11.実名顔写真が抑止力

12.映画


う~~ん、もっとまだまだあるでしょう。

実名顔写真がここまで、受け入れられるとは!!という気持ちはとてもあります。


HNで無責任に発信するより、実名顔写真が、抑止力、信憑性の保障になっているのが

使う側としては、かえってこのルールが安心感あるのかもしれません。


だいぶ前、ひとつ、戸惑った経験あります。

mixiで友人が、日常の事を頻繁に投稿するので、その友人の私生活や事情をよく知る事となりました。

その友人とは、十何年来会ってなく、以前は年賀状のやりとりだけでした。

ある年、会うことになりました。通常だと、十数年ぶりに会う訳ですから

最近のこと等を聞いたり、話したりして、会えてない時間を埋めるのですが

なまじmixiで知っているというか、知らされているので、

知っている事をわざわざ聞くのもワザとらしく思え戸惑った事がありました。

他の方はどうされているのでしょうか。

状況情報を知りすぎるのもの、良し悪しだなと感じました。

次回は9/5です。
# by 4Uall | 2011-08-29 00:59 | コーチ雑話

茨城チャプター11周年記念・盛会御礼

写真 2部「「設立記念セミナー・大好きいばらき復興応援講演」
a0056513_715846.jpg

20日コーチ協会茨城チャプター11周年記念講演で
本間正人氏をお招きしました。

1部 「笑顔コーチング」
親子参加可能な内容で、笑顔のスイッチを探すプログラムは
暗い報道、話題が多い中でも、自然と笑顔になる内容でした。

2部 いばらきのつよみ、いいことを見つけるワークでは、地元愛を感じるお国自慢がたくさんでました。








コーチングは自分も相手もいい状態(コンディション)にする手法です。

難しい理論でなく、「笑顔」と「強み」に対する感度を上げ

口に出してみる、伝えてみるということが効果的です。

相手も自分を見てるわけです。

朗らかな印象を与えれば、相手も安心し、朗らか気分になります。

厳しい表情をしていると、遠巻きに避けられ、話しかけられなくなります。

自分の雰囲気や表情を変えるだけで、周囲を変える事が可能という事です。

相手の特徴を伝える事も効果があります。普通に当たり前に出来ている事を友好的な表現で伝えます。

時に、励ましや応援は相手の負担になりますが、地道に、こつこつしている様に対して

自分が感動、感心、素的と思った事を伝えます。


「笑顔」と「強み」意識してみてください。


次回は 8/29 です。
# by 4uall | 2011-08-22 07:32 | コーチ雑話

個性は味

残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ暑い日々が続く予報です。体調管理には十分ご留意ください。


体調をいい状態に保つといい循環になります。

いい循環だと、その人の持ち味も発揮されます。

持ち味・・・気になりました。


舌だけでなく、その人の個性を現すのに味が使われます。


人物を表現する味、アジとミ。

人間味

円熟味

味が出る

いい味でてる

味な奴

持ち味

人情味

嫌味

すご味

・・・・他にもあるでしょうが、「味」は結構使っています。

感性で感じる個性を味と表現する日本語は改めて凄いと思ってしまいました。


家庭の味は、その家固有のもの同じように、個人の味も個性そのもの、オンリーワンになるわけです。


持ち味を出すという事に、コーチングで注目していきたいと思いました。

持ち味の出し方。

ひとつ難点は、自分の味は自分で分かりにくいことかもしれません。

味を売りにできる手法も練りたいと思いました。

次回は 8/22 来週15日はお盆休みです。
# by 4uall | 2011-08-08 23:50 | コーチ雑話

役に立つ

先週、暑さのせいでしょうか。飛ばしてしまいました。

投稿を夜に回すと、飛ばす傾向が高いのは分かっているのですが。。。

再発しないように、再度気持ちを入れ替えます。



さてと。

7月から研修やセミナーのアンケートの項目を4つから5つに増やしました。


1 参考にならなかった
2 興味がわいた
3 勉強になった
4 詳しく理解できた

に 次の項目を足しました。

5 役にたった

数値だけでなく、評価の基準を明記しています。
また、それぞれの数字を得点に見立て、自分への評価と
参加者の理解度として百分率で出しています。

役にたったを加えたことで、実用的な内容、参加者の疑問や生活、仕事に活かせてる

内容の度合いがつかめると期待しています。


その「役に立つ」の「役」が気になりました。


役:割り当てられた任務 つとめ 職分 岩波国語辞典より


家庭、職場、地域で自分の役割があります。

多くの方の興味は、コーチングで対人関係を円滑にできないかにあります。

相手の方から見た、自分の役周りがあっ

自分も、周囲に、それぞれの役目を期待しています。


その「役」がお互いの対人関係の基盤となっていると思いました。


役に立つ⇒自分の役柄に有効に使える

そんな内容や演目を参加者が実感できるよう、構成してまりたいと思っています。

次回 8/8 になります。 8/15はお盆の為お休みとします。
# by 4uall | 2011-08-01 06:28 | コーチ雑話

7/16、8/20のセミナー案内

・・・先週もまた、飛ばしてしまいました。

HPを更新して満足?してしまったようです。


梅雨が明け、ますます暑さも増してくる季節になり、

空を見上げげると、巨大な入道雲がみられるようになりました。

昨日、栃木方面に大雨注意報か警報が出た頃、そちらの方を眺めると

一際厚み、幅のある雲が上空高く盛り上がる様に立ち込めていました。

太平洋側はすっきりと晴れ渡っていました。

いわゆる、高気圧と低気圧の境目なんでしょうね。


代表を務めています、日本コーチ協会茨城チャプターの行事予定の告知です。

7月の講師 西村
8月の講師 本間正人様 http://www.learnology.co.jp/


詳細、お申し込みは茨城チャプターHPをご覧ください。

■2011年7月 公開セミナー
日 時 7月16日(土)13:15~16:55
場 所 県南生涯学習センター(土浦駅前ウララ5F)小講座室3、4
内 容
13:15~14:45(13:00~受付)
「クエッションゲーム・3D」~質問力を磨く為に~
 コーチとしての質問力を見直す簡単なゲームを行います。
14:55~15:55     
 イバチャプ・コーチング・アワー(ICH) 
 コーチング練習の時間
16:00~16:55
 基本スキル講座L3「タイプ分け」
 言動の傾向を知り、効果的なコーチングスキルに活用します。
17:10~
 お茶会(希望者のみ) at 土浦駅ペルチ2F フードコート 

■ 2011年8月 11周年設立記念セミナー 
日 時 8月20日(土)13:00~17:00
場 所 県南生涯学習センター(土浦駅前ウララ5F) 中講座室1
□講 師□ 一部・二部 本間正人様 
□内 容□
一部 「笑顔のコーチング」
http://hello-dream.com/smilingface/
 あなたの笑顔のスイッチを見つけてください。

二部 「設立記念セミナー・大好きいばらき復興応援講演」
 「さんま方式」による復興した茨城で自分やみんなが活き活き活躍しているかを
 ビジュアライズ化する参加型セミナー。

□懇親会□ 17:30~懇親会 参加任意 要お申込

暑い毎日ですが、体調には十分お気をつけください

次回 7/25 (18は祝日の為、お休み) です。
# by 4uall | 2011-07-11 06:41 | コーチ雑話

引き出す為に

引き出す為には、効果的に関わる事が必要です。

基本的な技法では

認める

伝える

問いかける

があります。


それだけでは、なかなか変化が見られない場合もあります。


多くの方は、コーチングスキルを学ばれてもコーチになる方は少ないです。

多くの方は、日ごろの生活に使いたいと思って学ばれています。

コーチとしてではなく、その方との関係を重視して

組織や集団の目標の為に、自分の責務、業務、責任に誠実なるという感じです。


意図的に、相手の自発的な行動を促すなら


叱る

発奮させる

反対する

禁止する

突く(つつく)

等があります。


いろいろお試しください。




次回は 7/4 です。
# by 4uall | 2011-06-27 20:24 | コーチ雑話

「がんばれ」の使い方

「がんばれ」

昨今の風潮として使い方に大変気を使うようになりました。

私自身も励まされる側の心うちを知った以上、いろいろ考えるようになりました。

がんばり過ぎている方に、安易に言わない方がいい場合があるという事です。

4,5年くらい、敢えて、「がんばれ」の類を使わないようにしてきた時期があります。

いつでも言える「がんばれ」でなく、相手が受け取ってもらいやすい言葉探しの為です。

ついつい出てしまう時期もあり難しかったですが、使い方は手に入れた感触があります。

もちろん万全ではないですし、改良中です。


伝える側は、ほぼ他意なく、善意で言っています。(他の言葉がすぐ出てこない為でもあります)

励まされる側は、いろいろな受け取り方、思いがあるようです。

確かに、励まされている側にもそこに至ったいろんな過程があり、葛藤があり、解釈があります。

励まされる側と伝える側との人間関係やら、状況やら、今までのその方との経緯も絡み合います。

その日その場限りの関係から、いっしょに苦楽を共にした間柄まで・・・。


ざくっと、マラソン選手と観客の関係で説明しますと


スタートラインに立っている選手には、応援、声援を送っても大丈夫なように、

気力や体力も充実して、何かに向かおうとしている相手に「がんばれ」は概ねOKです。

概ねと書いたのは、かと言って、励まされたく相手からもいるからです。

観客でなく、家族、友人、知り合い、上司などでも変わります。

一方、選手が、レース中、棄権するか寸前、もう限界をとうに過ぎている場合

状態によって「がんばれ」は(そんな無茶な・・・)(え><;;まだがんばりが足りない?)

になる場合もあります。励まされる相手によっては、活力が湧き出てくる場合もあります。

家族だからといって、「がんばれ」万能で大丈夫ではないのです。

家族だからこそ、人に対して、より人一倍気を配った方がいい状態、状況もあります。

一番理解してもらいたい相手でもあるからです。

結果より過程に心動かされるなら、その部分を伝えた方がいい場合もあります。

ゴールまでの距離にもよりますし、無理させていい状況もあります。


PTS(相手、機会、状況)で日常や身の回りでお声がけする時に、ちょっと思い出して頂けると

お互い気まずい思いをしない、過度に負荷を与えないようになるかと思います。

気になってしまった方は、使い方を工夫されてみてください。


次回は 6/27 です。
# by 4uall | 2011-06-20 09:09 | コーチ雑話

起業

起業に関するご依頼も増えています。


独立開業したい。

会社員を辞めて、起業したい。

資格を取ったから、有効に使いたい。

何をするか決めていないが、開業したい。


個人個人、いろんな事情があり、起業を志しておられます。

コーチと契約を結ぶ理由として


家族にあまり心配をかけたくない。

家族や友人では相談にならない。

自分ひとりでは、発想に行き詰まりを感じる

起業にふさわしい相談相手がいない



ほんとうに、そういうご経験や思いのある方々の熱意ある志に

寄与できることは大変光栄に感じています。


起業は一般論でなく、各論が大事です。


10人起業したい方がおられたら、一つとして同じ起業方法はありません。


コーチングの個別対応が効果を発揮します。


教えるのではなく、共に建設的な考えを出し合う場に効果を実感します。



次回は 6/20 です。
# by 4uall | 2011-06-13 17:09 | コーチ雑話

尽聴鍛錬

今日は梅雨の中休み。湿度は高目ですが、いい天気です。

この時期は、気持ちと天気が大きく関わっていることが良くわかります。


数年前、コーチングのスキルの為に、尽聴という造語を作りました。

傾聴にはない、積極的に相手に関わる意味合いで作りました。

「認める・伝える・問いかける」の3つの柱を屋台骨に

ご依頼人に実行するきっかけとなる心持になってもらうかを意識しています。


ご依頼人の言動は、つながりがあり、理に則して成り立っています。



わずかな時間で、その全てを知ること、悟ることに重点をおかず

お伝え頂いた事実と自分の中に起こった感情に注力しているという感じです。


付き合いの短い方との信頼関係を太くする際に、目の前の課題に

いっしょに取り組む事もします。暫くたってからは、その方の状態に注視します。


伝えるのは、相手から感じる自分のひらめきでしょうか。

経験した体験談もお伝えする時もあります。

事例が相手の参考になることも多々あるからです。


後、ご依頼人自身に問いかけるのが、ひとつの成果を期待できる

スタイルになってきてるのかなと振り返ってします。

順番的には、「認伝問」になります。


人との会話の中で、長年慣れ親しんだ、条件反射に近い反応に、

新しいパターンを組み込むには知識を経験と鍛錬が求められます。

習得には気長にコツコツですね。


次回は 6/13 です。
# by 4uall | 2011-06-06 10:45 | コーチ雑話

ほんとに本音が聞きたいのでしょうか?

梅雨に入りました。五月に入梅はとんと記憶がありません。
蒸し暑い季節になりますが、今年は特に空調に頼らない生活を送りたいと思っています。

セミナーや研修でコーチングを学ぶ目的に

「部下の本音を聞きたい」「子供の本音を聞きだしたい」があります。


実はこれ、コーチングの本来の使用目的ではありません。


双方向のコミュニケーションスキルなのですが、起点が異なる感じです。

相手の気持ちを聞きだすのは、実行につなげる手段で、

実行に移すきっかけ、気づき、自分で考える力をつける支援を

積極的にするのが、コーチングです。

決して、自分の都合のいい話を聞き出すためではないのです。


ほんとに、本音を聞きたいのかが、大変不思議で、

かつて、相手の立場だった頃、今の自分の立場の相手に

正直どんな思いを抱いていたか、思い出して見てください。

はたして、本音を聞きだして事が解決するとは思えません。

ここで言う本音は、自分の解釈や、憶測、推理、説明に都合のいい内容が

欲しいだけなのではと常々感じています。


「本音で話そうや」と言われて、正直に言って、事態が好転した記憶はあまりありません。

みなさんはどうでしょうか。


職場や家族のような集団では、利害が影響しあいますので、

本音トークは慎重に行う必要があると、思います。



次回は 6/6 です。
# by 4uall | 2011-05-30 00:37 | コーチ雑話

~らしさが~のくせに

日常での関係作りに大切な要素があります。

お互いが期待している相手の描写。

~らしいと表現していませんか。



子供らしさ⇔子供のくせに

大人らしさ⇔大人のくせに


男らしさ⇔男のくせに

女らしさ⇔女のくせに


先生らしさ⇔先生のくせに

学生らしさ⇔学生のくせに

社長らしさ⇔社長のくせに

社員らしさ⇔社員のくせに



自分が経験的に自分に都合のいいように思っている相手への期待⇔そぐわない場合、敵視する場合


相手から見た自分の期待はどんな感じなのでしょうか。



その関わりの間柄がなによりの期待感になります。


期待とおりなら、~~らしい

期待はずれなら、~~のくせに



関係作りの根幹はこのあたりかと考えています。



一般日常で、お互いの信頼関係を太くするには、相手の期待に応えるのが

いい結果に近づく方法のひとつ言えます。


身の回りでコーチングを使う際にも、相手からはコーチと見られていない場合には

その相手との主な間柄を前面に関わっていく、必要に応じてコーチングスキルを

織り交ぜるのが適当かと考えます。肯定的に接する事が高い効果が見込まれます。


コーチ、依頼人の関係でない場合、100%コーチングでは解決し得ない理由の一つです。


期待される言動、理不尽でない許される範囲の叱責は必要不可欠です。



次回は 5/30 です。
# by 4uall | 2011-05-23 00:35 | コーチ雑話

説得・説教=問わず語りの成功談+だから、お前も・・・ 

先週はスっぽと抜けました。投稿したつもりが、出来ていませんでした。

記憶をたぐってみると、途中まで書いていて用事で中座し、

外出時間になったので、シャットダウンして、てっきり投稿済の気分になっていました。

何度か目の抜け落ちです。以降気を付けます。



もうそろそろ50才も見えてきました。

折に触れ、体験談を話す機会も増えて来ました。

話の成り行きによっては、説教や説得と受け取られてる可能性も十分あります。

自慢話となっている場合もあります。話すことはそんな危険をはらんでいます。

説教と説教は異なります。

説教:目下の者に対する、堅苦しい教訓的な話や注意。小言にもたとえられる

説得:相手が納得するようによく話して聞かせること



コーチングでは、相手の自発的な気づきを促すような接し方をします。

コーチはご依頼人に説得や説教はほぼいたしません。

ご依頼人の言動や思考にご自身で変容したと思ってもらう為です。

訊かれたら経験談、失敗談や成功事例はよくします。

特に気を付けているのは、自分もこうだから、あなたもこうしてくださいと言う言い回しです。


強いて、「だから、あなたも~~」は滅多に使わないようにしています。


相手が、説教や説得と思う下りは、この「だから~~」が連想させてしまいます。


一般の間柄、職場や家庭など、利害が反映し合ってる集団では異なります。

我田引水のような状況なのか、相手の自主性を引き出すのか

事と次第、時と場合によってその使い方や言い回しも異なってきます。

いい体験談、失敗談も、「なんだ、結局それ?」と思われてしまう場合もあります。


説得・説教=問わず語りの成功談+「だから、あなたも・・・しなさい」 と言えるかと。


意識して組み立てるのか、無計画に言い始るのかで、相手が受けとる感覚が異なります。


まず、相手とどういう関係を築きたいのか、何を手に入れて欲しいのかなど

少し先から遡って組み立てると、過剰なエネルギーの節約になるかもしれません。



次回 5/23 です。
# by 4uall | 2011-05-16 11:48 | コーチ雑話

気分の模様替え

先月11日以降、いろんな方とお話しをお伺いしてきました。

多くの方が、価値観の変化を感じておられます。

気分もはしゃぐまではいかないと感じて居られます。しんみりしています。

一方、そろそろ普段に戻る事を模索し始めてる印象があります。

自分自身もそういう気分の変化を感じています。


気分の模様替えをするきっかけがあるといいようです。

思いついた事を列挙してみました。中には既に実行し、効果を感じた事もあります。

1.絵を取り替える

2.壁紙を変える

3.カーテンを交換する

4.家具を置き換える

5.いつもと違う道を歩く

6.話を聞いてもらう

7.身体を動かす

8.美味しい食事をする

9.とことんしみじみする

10.新しい事を始める

11.明るい服を選ぶ

12.テンポのいい曲を聞く

13.お笑い番組を観る

14.アロマを炊く

15.ぶらり小旅行をする

16.長年あっていない友達に会う

17.今の気持ちを書きなぐる

18.絵を書く

19.熱い風呂に入る

20.衝動買いをする

他にも自分の気分にあった気分の模様替えがあるかと思います。

今の状態を容認して、どうなりたいかを思い描き、できるところからやってみる事でしょうか。

その状態での自分のどの五感を刺激する事が効果的なのかわかります。

その気になったら探して試して実行してみてください。


次回は 5/9 です。(5/2はGW中の為、休みます)
# by 4uall | 2011-04-25 06:11 | コーチ雑話

10秒Off

余震から、別震源地の本震が多くなってきました。

原発問題も気懸かりです。


震災以来、生活の必要以上の無駄を見直しています。


電気も過剰に依存しない生活をより心がけてるようになりました。


従来から、不要な照明や、待機電力など、多くの節電は実施していました。


最近、気をつけているのは、電子レンジやオーブンの時間です。


いつもより、10秒短くセットしています。

3分と2分50秒の際立った差はわかりません。


冷凍食品のレンジの使用時間も10秒OFFでやっています。


支障はありません。


あと、お湯も少量を沸かすようにしています。

カップ一杯分です。

必要以上に沸かさないのですぐ沸きます。


一過性でなく、細かいと言われようが、当たり前にしていきます。


次回は 4/25 です。
# by 4uall | 2011-04-18 23:42 | コーチ雑話

復興購買

震災から早一ヶ月経ちました。

平常に戻ることの1つとして、グログを再開します。



余震は日々起こり、この数日は震度4クラスの長い地震が多くなった気がします。

幾分慣らされていますが、寝ていると、地鳴りが響き伝わってきます。

揺れてる感覚が残る、地震酔いにもなっているようです。

余震は減衰していくんだろうと予想はつきますが

原発の動向が何より気懸かりな状態でもあります。

180km離れているとは言え、注視せざる得ません。

飲料水はじめ、農水産物に渡り、安心な生活に大きな影響を受けています。


東日本大震災に対し、国全体、海外からも復興を支援する体制・心持になっています。

諸外国からの支援はほんとうに、感謝に尽くせません。



個人としてどんな形で、復興に係わっていくかと、いろいろ考えた一ヶ月でした。

数年、十数年単位になると思っています。


報道では、義援金もなかなか被災者に届かない現状があります。


息長く支えるには、日常生活で、少しだけでも、選択して購買を続ける事だと考えています。


東日本を支える、日本を支えるという意味で、選んで買い物をすることだと思います。


復興に繋がる購買を実践していきます。


次回は 4/18 です。
# by 4uall | 2011-04-11 09:21 | 雑考

ご連絡

この度の東日本巨大地震に際し

被災された方、その関係者の方に心よりお見舞い申し上げます。




当ブログも暫く休止致します。



再開できる時期がきましたら更新します。

また、みなさんにご覧頂けることになりますように祈っています。

安全第一にお過ごしください。


ありがとうございました。
# by 4uall | 2011-03-13 12:06 | 訪問者様へ

三J

結婚観で最近のキーワードを興味深く思っています。

この数年、結婚相談も増えて、いろんな世代の結婚観、想いがあると実感しています。

ご自身の事から、30代、40代の独身のご家族の事といろいろです。



昭和から平成初期には、いわゆる三高時代。

三高⇒高学歴・高収入・高身長。

バブルが弾け、終身雇用が崩れ、ITが普及すると共に瓦解。

コツコツ地道路線から、短期ガッポリ主義へ。



男性に求める結婚観をまとめいるのが世相を反映していて、感心します。

1)3K⇒価値感・金銭感覚・雇用条件

高学歴世代となり、総じて共働き世代です。

結婚生活も家に入る、嫁ぐという言うより、共同生活感高まっていると。

だから価値感、金銭感覚は分かる気がします。

雇用条件は、まー、そこはやはり収入の安定を期待しているのかなと感じます。


2)三低⇒低姿勢・低依存(負担)・低リスク

3Kの別表現で、より主張している印象です。

威厳、家長の柱はここには見えません。

お互いではなく、男性に求める内容ですから、平等に、尊厳を求める感じと

家事、育児も均等にです。

低リスクは、万が一職を失う事があっても、生活できる保障でしょうか。



3)HIJK
これは、そーなのか?と懐疑的な面もありますが一部のそいう発言があるので、書いておきます。

まず、Hしてから、好きになって、出来ちゃった婚の意だそうです。

JはJrで子ども、Kは結婚だそうです。

若年者の離婚が多いのもその理由と言う方もおられますが、

一方母子父子家庭への理解や支援も増えているのも事実です。

経済的に縛られないなら自立できるという事です。

たまに、離婚相談もあって、いい選択をして頂けるよう支援はしています。


総じて、男性の社会的家庭内地位や男性力が減退している感が否めません。

経済が縮小しているからなのか、男性の覇気が減退してるからなのか、直接的なデーターは無いしろ

係わり合いはあるかと睨んでいます。

けっして男尊女卑感ではないのですが、それぞれの社会で役割に、資質が性別毎にあるのだと言うことだと思っています。


新しい価値感に、新しい世界観に生きているからこそ、相互理解、互恵互尊の為に

お互いに聴き尽くす尽聴が必要だと思いを強くしています。


独身男性からの結婚観を集約すると、三Jが浮かんできました。


純情・純真・従順


かつての日本婦女子像を思い浮かべてしまいます。


良い、悪いという話しでなく、結婚観は人それぞれ、さまざまです。

世代によって、親子それぞれの想いも多種多様です。

生物多様性が注目されているなら、人類こそ、多様性最たるものと言えます。


ご相談させて頂いてるご様子から、いろんな相手に対する期待が分かります。

あまりご自身の事に触れる方は少ないです。

周囲の動向に左右されることとなくお一人で空想、妄想、完結することなく

お互い違うのが普通、いいという感じがいい調和になる場合が多いです。

次回は 3/14 です。
# by 4uall | 2011-03-07 09:05 | コーチ雑話

2月の終わりに

今日は、昨日の陽気と打って変わって、降雪になりました。

常磐道では、小美玉から友部辺りまで、路面に雪がうっすらと積もっていました。

昼前んは日立南以北はチェーン規制になっていました。

だんだん暖かくなるゆり戻し的な気候の変化だと思いますが積雪には神経使います。


茨城に移り住んで、9年位にないますが、こんなに雪が降ったり、寒くなったりというは

初めてかもしれません。


気がつけば、12ヶ月の2ヶ月、1/6が過ぎてしまいました。


国内外的にも、明るい話題が少ない印象です。


原油が上がると、ガソリン代に響くので今から気が重い感じです。


思ったほど、電気自動車も身近に感じない中、エコカーも何を選ぶか思案中。


次回は 3/7 になります。
# by 4uall | 2011-02-28 20:07 | 雑考

事は体調次第

まだまだ寒い予報が続いています。

暖かくなると花粉の脅威がやってきますが幸いまだ、症状は出ていません。

体調には呉々もご留意下さい。

さて、その体調ですが、体調の良し悪しは大切です。

体調のどこかが気になると、何をするにも面倒になり、取り組む課題を後回しにし勝ちになります。


実行を促す場合も同じ事が言えます。


本人の体調や調子が低調だと、出来ない理由、上手くいかない原因、先延ばしの言い訳につながります。


集中できない、何かに気をとられてる、いつもより時間がかかる、といろいろ自覚症状があります。


事と次第、時と場合によって、気持ちを無理やり向けたり、後回しにしたりと、選択します。



ご依頼人様の直面した問題をいっしょに取り組む時と、その周辺を取り組む時があります。


出来ていない事をいっしょに取り組むと、出来ていない状態が本人を苛む事もあります。

ちょっと視点をずらして、気分や調子を扱うと、エネルギーが高まり、気分が変わり

億劫な物事に取り組めるという場合もあります。


まさしくこのあたりは、PTS(相手、時期、状況)に依るという感じです。


コーチが取扱扱い内容でなく、ご依頼人様の扱いたい内容で展開するのがコツと言えます。


相手の体調、調子、気分、健康、感情にも気を配るのも時々思い出して下さい。




次回は 2/28 です。
# by 4uall | 2011-02-21 11:48 | コーチ雑話

4月始まり

手帳を漸く、4月始まりに変えることができました。

スケジュール記載期間は、3月第三週から翌4月第一週までとなっています。


1月始まりからの変更だと、ちょうど1月から3月第二週までの二ヶ月半分に不自由な思いがしました。


1月~4月まで、見開きに手書きで一ヶ月分のカレンダーを作って管理していました。

見開き一ヶ月も分かり易いですが、文字が小さくなのが難。

この10年以上常用しているのが、胸ポケットサイズ。

時間帯、客先、場所等を記録するには、小さすぎ。

この数年お気に入りの書式は一週間単位で、横書き型。

日常的に横書きが多いので、手帳も横書きが書き易い。



白紙の手帳を手にすると、気分が一新されます。

今年も先々の予定が早め、早めに決まりますよう多いに楽しく期待しています。


なにはともあれ、来年からは、順当に引き継げそうです。


次回は 2/21 です。
# by 4uall | 2011-02-14 22:25 | 一言メモ

新しい何かを見つける

とある企業の研修で「新しい発想力を鍛える」という依頼を頂きました。

既存の技術や知識をどう、新規事業に結び付けるかが、課題でした。

大まかな枠組みは、相互理解と容認で構成しました。


水と水を混ぜても、同じ水が増えるだけで、新しい何が生まれる気がしません。


乱暴に言うと、例えば、化学における新しい化合物で、未知の物を手に入れたい時何をしてるでしょうか


過去の知識を元に、いろんな物資を混ぜ合わせます。


混ぜ合わせる分量や割合、温度、気圧、圧力、タイミングなどいろいろ組み合わせて、手に入れたい物質を作ります。


発想の鍛え方また然りと言えるかと。

持っている自分の知識内だけでなく、いろんな相手と話すことによって新しい発想が生まれやすいと言えます。

集団では、いろんな個性、特徴、特性により、いろんな観点や言動をお互い影響し合っていると言えます。


「新しい発想力を鍛える」で、日ごろから

過去の決まった結論を確認したり、押し付けるのはなく、その時、その瞬間で

改めて、ほんとなのかと疑ったり、知らない事実を受け入れたりと、柔軟な、肯定的な受容力が有効と言えます。

自分と個性や発想の異なるメンバーと課題について、話し合う閃きの妙や、予想外の展開を楽しめると新しい何かが手に入ります。


コーチングの質問力もこの当たりにあります。

多角的に、多面的に、問いかけることにより、相手の知識を掘り起こし、有機的に紡ぐ感じです。



次回は 2/14 です。
# by 4uall | 2011-02-07 00:40 | コーチ雑話

水戸生涯学習センター愛宕塾3年ぶり再開

寒い日が続いています。

今しばらく続くようです。体調には十二分にお気をつけ下さい。


コーチング講座募集のお知らせです。

水戸生涯学習センターでは毎年、愛宕塾を開催しています。

カルチャーセンターとの違いは、新たな需要と新講座の掘り起こしだそうです。

世の中にはまだまだ、知識豊か人材が沢山居られ、知識欲を刺激される世代も

幅広くなってきていると、センター長からお伺いしました。


ここでのコーチング講座は、H16年からH20年まで世話になりました。


ここで学ばれた受講生の方々が一昨年より「みんなでコーチングを学ぶ会」を立ち上げて頂き

今年で二年になり、来年も継続して開講予定です。


水戸の愛宕塾は、5年連続開講すると2年開講できない規則があり、漸くH23年再開できる事になりました。


今回のテーマは「元気を引き出すコーチングコミュニケーション」

H23.4月~12月、計8回を予定しています。 詳細は下記水戸生涯学習センターHPをご覧下さい。

コーチングスキルを日常で使いたいというご要望は年々高くなっています。

かといってご自身がコーチングを習っているとは、相手に伝えない場合がほとんどです。

身近な方が元気になるような接し方をコーチングスキルから選びお伝えする予定です。

講座の特徴は、それぞれの場面や状況、関係を重視してお伝えします。

時と場合、事と次第がいろいろあります。経緯、背景を理解しながら基本をお伝えできたらと。

家庭では、夫婦間、子育て、進学、就職、義父母、実親との関係等

職場では上司や対応、部下の扱い方、仕事先・取引先の相手との係わりなど

地域では、近所付合い、子ども会、町内会、自治会、PTAなど

個々の出来事に役立つ考え方、応対のし方等を

「認める、伝える、問いかける」を基礎基本を重視してお伝えしながら

受講された方の希望に合わせて作りこんでいきます。

申し込み先:水戸生涯学習センターHP

茨城県弘道館アカデミーの単位にも適応されます。

申込期間 H23年1月28日(金)~2月25日(金)ご検討下さい。

一度受講され、コーチング知識のある方は「みんなでコーチングを学ぶ会」にお越し下さい

こちらは、弊社HP(www.c4u.biz)からお申込、お問合せお待ちしています。

次回は 2/7 です。
# by 4uall | 2011-01-31 17:35 | コーチ雑話

就活戦線国際化

大手企業が外国人採用枠を増やす傾向にあるとの報道されました。


かつて海外留学生や外国人の方を雇用し、いっしょに業務をしてきました。


出身者、留学生の国々や地域は次の通りです。

中国・台湾・香港・韓国・シンガポール・ミャンマー・インドネシア・アメリカ・ドイツ・ブルガリア・ロシア

目的によって採用基準や業務内容は異なりますが

総合職採用では、経験から語学偏重で採用するのは、あまり得策とは言えません。

それなりに、マネジメントする側も経験とコツが求められます。

仕事感覚は、全く別物でした。



意思の疎通はもちろん大切ですが、感覚や価値観が同じでないと仕事の質が向上しない。


企業の品質を維持できないと言った事態になります。


報道を見て、就活されている方々は外国人枠が増える中、悩ましいと思うかもしれませんが

萎縮することは無いと思います。日本人であるという固有性は仕事上では強みでもあります。

国際化がすすんでも、諸外国は日本人が欧米人化することは望んでいません。

確固たる日本人品質を期待されます。

その固有化を明確に打ち出して国際社会で居場所が出来ると考えます。



採用担当者や責任者だったの経験から、語学はあったに越したことないですが

それより大切なのはビジネスセンスでした。何事にも真摯に取り組む態度の方が好ましいです。


外国人全てではないですが、帰属意識が希薄であることが多くあります。


アジアでは、ジョブチェンジ(転職)は当たり前です。毎年のように転職します。

仕事先の担当者がいなくなるのは日常茶飯事でした。

日本企業ではこういう事はまず、考えにくいです。

仮にあったとしても、仕事先に迷惑を掛けないように部門でサポートします。


国内採用で海外勤務か、現地採用かで、確かに人件費の差はあります。

かといって、給与以上の働きするかは、期待すると厳しいことがあります。


これから、外国人採用をお考えの企業は、熟慮されることを強くお勧めします。

中期的な観点からも日本人採用を強くお勧めしたいです。
# by 4uall | 2011-01-24 16:28 | 雑考

興気心

例年今年の言葉を創っています。

手帳に記してます。


今年は「興気心」


興:物事を始める、勢いをつける、盛んな状態にする

気:気力、その気、やる気、元気の気

コーチングで、隆盛になる支援、実行に繋がる支援、上昇思考になる支援を思い描いています。


本人・当事者が、予想や想定だけの結論付けでなく


実体験通じての五感の蓄積を重視する方向を持つ


意識をした枠組みを創っていこうと考えています。


一般の方が「コーチと組む価値」を広く周知していく工夫も捻出していきたいと思っています。







次回は 1/24 です。
# by 4uall | 2011-01-17 21:19 | コーチ雑話