<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ほんとに本音が聞きたいのでしょうか?

梅雨に入りました。五月に入梅はとんと記憶がありません。
蒸し暑い季節になりますが、今年は特に空調に頼らない生活を送りたいと思っています。

セミナーや研修でコーチングを学ぶ目的に

「部下の本音を聞きたい」「子供の本音を聞きだしたい」があります。


実はこれ、コーチングの本来の使用目的ではありません。


双方向のコミュニケーションスキルなのですが、起点が異なる感じです。

相手の気持ちを聞きだすのは、実行につなげる手段で、

実行に移すきっかけ、気づき、自分で考える力をつける支援を

積極的にするのが、コーチングです。

決して、自分の都合のいい話を聞き出すためではないのです。


ほんとに、本音を聞きたいのかが、大変不思議で、

かつて、相手の立場だった頃、今の自分の立場の相手に

正直どんな思いを抱いていたか、思い出して見てください。

はたして、本音を聞きだして事が解決するとは思えません。

ここで言う本音は、自分の解釈や、憶測、推理、説明に都合のいい内容が

欲しいだけなのではと常々感じています。


「本音で話そうや」と言われて、正直に言って、事態が好転した記憶はあまりありません。

みなさんはどうでしょうか。


職場や家族のような集団では、利害が影響しあいますので、

本音トークは慎重に行う必要があると、思います。



次回は 6/6 です。
[PR]
by 4uall | 2011-05-30 00:37 | コーチ雑話

~らしさが~のくせに

日常での関係作りに大切な要素があります。

お互いが期待している相手の描写。

~らしいと表現していませんか。



子供らしさ⇔子供のくせに

大人らしさ⇔大人のくせに


男らしさ⇔男のくせに

女らしさ⇔女のくせに


先生らしさ⇔先生のくせに

学生らしさ⇔学生のくせに

社長らしさ⇔社長のくせに

社員らしさ⇔社員のくせに



自分が経験的に自分に都合のいいように思っている相手への期待⇔そぐわない場合、敵視する場合


相手から見た自分の期待はどんな感じなのでしょうか。



その関わりの間柄がなによりの期待感になります。


期待とおりなら、~~らしい

期待はずれなら、~~のくせに



関係作りの根幹はこのあたりかと考えています。



一般日常で、お互いの信頼関係を太くするには、相手の期待に応えるのが

いい結果に近づく方法のひとつ言えます。


身の回りでコーチングを使う際にも、相手からはコーチと見られていない場合には

その相手との主な間柄を前面に関わっていく、必要に応じてコーチングスキルを

織り交ぜるのが適当かと考えます。肯定的に接する事が高い効果が見込まれます。


コーチ、依頼人の関係でない場合、100%コーチングでは解決し得ない理由の一つです。


期待される言動、理不尽でない許される範囲の叱責は必要不可欠です。



次回は 5/30 です。
[PR]
by 4uall | 2011-05-23 00:35 | コーチ雑話

説得・説教=問わず語りの成功談+だから、お前も・・・ 

先週はスっぽと抜けました。投稿したつもりが、出来ていませんでした。

記憶をたぐってみると、途中まで書いていて用事で中座し、

外出時間になったので、シャットダウンして、てっきり投稿済の気分になっていました。

何度か目の抜け落ちです。以降気を付けます。



もうそろそろ50才も見えてきました。

折に触れ、体験談を話す機会も増えて来ました。

話の成り行きによっては、説教や説得と受け取られてる可能性も十分あります。

自慢話となっている場合もあります。話すことはそんな危険をはらんでいます。

説教と説教は異なります。

説教:目下の者に対する、堅苦しい教訓的な話や注意。小言にもたとえられる

説得:相手が納得するようによく話して聞かせること



コーチングでは、相手の自発的な気づきを促すような接し方をします。

コーチはご依頼人に説得や説教はほぼいたしません。

ご依頼人の言動や思考にご自身で変容したと思ってもらう為です。

訊かれたら経験談、失敗談や成功事例はよくします。

特に気を付けているのは、自分もこうだから、あなたもこうしてくださいと言う言い回しです。


強いて、「だから、あなたも~~」は滅多に使わないようにしています。


相手が、説教や説得と思う下りは、この「だから~~」が連想させてしまいます。


一般の間柄、職場や家庭など、利害が反映し合ってる集団では異なります。

我田引水のような状況なのか、相手の自主性を引き出すのか

事と次第、時と場合によってその使い方や言い回しも異なってきます。

いい体験談、失敗談も、「なんだ、結局それ?」と思われてしまう場合もあります。


説得・説教=問わず語りの成功談+「だから、あなたも・・・しなさい」 と言えるかと。


意識して組み立てるのか、無計画に言い始るのかで、相手が受けとる感覚が異なります。


まず、相手とどういう関係を築きたいのか、何を手に入れて欲しいのかなど

少し先から遡って組み立てると、過剰なエネルギーの節約になるかもしれません。



次回 5/23 です。
[PR]
by 4uall | 2011-05-16 11:48 | コーチ雑話