<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

只管打坐の如く

秋も深まって参りました。

松茸が例年になく豊作との事ですが、とんと見かけません。

夕方5時過ぎには暗くなり、暗くなると空腹を覚えます。

夏場に比べると夕餉の時刻が早まります。

空腹を満たすと、秋の夜長いろいろ思考が沸き立ち、閃きが広がります。


そう、ただひたすらに聴く、聴き尽くすことができれば、と思います。

型や義術も技法も無く、ただただ聴き尽くす。



禅の只管打坐の様に・・・


■只管打坐(しかんたざ)
【ただひたすらに坐禅を実践せよの意味。意識を捨てて無意識下において坐禅する、
坐禅そのものになりきることを意味する。
いま坐禅している自分がいる、という自覚すら忘れてしまうほどに、
坐禅という行為そのものに没頭する。】 wikipedia より

「只管尽聴」になるのでしょうか。


聴くを突き詰めて極めると、どんな境地になるのかと常々思っています。


まだ、コーチングを知ってほんの10年。仕事にして8年。


これからも、これからも、聴くという行為に没頭する。没頭し続ける・・・。


静かに全感覚を開放して、ご依頼人の話を尽聴する。


口を付く言葉は、相手の言動に触発された最小限の反応。


感覚をその刹那に委ね緩めていく・・・。


どんな境地でしょうか・・・。何を掴むのか・・・・。皆目わかっていません。


秋の夜長、いろんなことを思い巡らします。



(余談ですが、「ひたすら」を変換すると「只管」とでました。嬉しい発見w)



次回は11/1です。
[PR]
by 4uall | 2010-10-25 01:17 | コーチ雑話

同じ視線、同じ尺度

朝晩はかなり冷え込んで参りました。

寒くなるので、実が生るか心配していましたが、遅咲きの獅子唐も実を付けていました。


現象を受け取る考え方には幾多もあると思います。

同じ視線で見るに加えて、同じ尺度で測ることも重要な受け取り方です。


無駄、無理、駄目・・・と人の話を聞いて、反射的に応える事があります。

その時に、相手からの情報を自分の経験に照らし合わせて判断している事が多いと思います。


自分に依頼された事ならまだしも、相手がやりたいこととか、しようとしていることにまで


無駄、無理、駄目と言う場合を時々見受けます。


なぜでしょうか。


自分に害が及ぶことなら、熱心に関わるのは分かりますが

あまり関係ないことまで、関わろうとする方がおられます。


自分の判断が正しいことを言いたいのでしょうか。

自分の方が効率のいい方法を知っているのでしょうか。


疑問です。預言者のごとく、言い切る場合もあります。



当事者が経緯事情を一番把握しているから、当事者に任せたらいい場合が多くあります。


やってみて、上手くいくことが結構あります。

必ずしも自分のやり方が最良ではありません。


人それぞれの尺度があります。相手の視線に立つことは、相手の尺度で考えることでもあります。


誰も失敗したいとは思っていないし、やってみる経験値が将来役に立ちます。


可能性は星の数ほどあるとしても、失敗は星の数ほども出来ません。



同じ視線と同じ尺度


相手の有り方を受け取る考え方の一つです。


次回は11/25です。
[PR]
by 4uall | 2010-10-18 19:12 | コーチ雑話

待つ辛抱

10月に入り、秋らしい大気になってきました。

暑いと花が咲かないというのはほんとうで、今頃、獅子唐や唐辛子の白い花が咲き出しました。


尽聴効果を上げるには、待つ事に慣れることも必要です。

コーチングスキルを学習中に「沈黙」というスキルがあると教わりました。

「沈黙」さえも意識的に扱うのかと驚きました。

英語のsilenceから来てるようですが、どうも冷たい響きで馴染めません。

セミナーでも「聴くスキル」の中で、この「沈黙」は扱いますが

会話の中で、沈黙を肯定的に受けとめてる方も少ないようです

どちらかというと、沈黙が苦手、沈黙があると埋めたがる方が多いようです。

そこの気持ちを聴く側は意識して利用していると言えます。

一方、暖かい沈黙、友好的な沈黙と言葉を添えても、何かこじつけている感じです。


一般の方には、「待つ」と表現した方が、理解は早いです。

尽聴の為には、相手のタイミングで話す事を聴くことが大切です。

会話が途切れたり、何か聴いてなかなか返ってこなくても、「待っている」という事が必要です。

結果、話し手は安心して自分の考えも丁寧にまとめられ、正確に話せるようになります。


今は「待つ」事は不安や苦にならず待てます。

昔、ある方々とのコーチングで自信がつく出来事がありました。

一つは、答えるまで5秒前後掛かる方

一つは、返答まで2分近く掛かった方との経験です。二人とも電話でのコーチングです。


5秒位の方は、一つ一つの問いかけに大変慎重に答える方でした。

当初は、質問が分かり難いのかなと不安でした。

時計を見ながら聴いていると、大体5秒で返事が来ることが分かって落ち着いて待てるようになりました。


2分の方は、「今週一番にやりたいことは?」と問いかけたところ、

2分ちょっと前に、息を吸う音が聞こえて、「今週は・・・・」と返ってきました。

あまりにも長い沈黙だったので、相当切り込もうかと何度か思いました。

相手はじっくり考えていたそうです。


この待っている時間はどう思われているか、こちらが待つことについて聞いてみました。

異口同音に「自分のペースで聴いてくれて、とても安心できます」とおっしゃって頂きました。

以降他の方でも同じようなコメント頂いています。


相手のペースで話を聴くことの効果を実感しました。それからは普通に待てるようになりました。


最初は待つ辛抱が必要かもしれません。

こちらが待つ事から生まれる相手の気持ちを何度か知る事で自信につながります。

話をしていて、言葉が出てこない、詰まった、何て言っていいかわからない等でも

相手が急かさず、見当違いの事を言わず、待ってくれたほうが、好感が持てます。


待つ辛抱、慣れるまで試して見て下さい。だんだん辛抱が取れてきます。

次回は10/18になります。
[PR]
by 4uall | 2010-10-04 13:11 | コーチ雑話