<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日経株価が・・・・

いやーー大変な時代がまた、やってきました。

日経株価

過去の最高値・・・平成元年12月29日、38,915.87円 

平成20年10月27日、7,162.90円  26年前の水準

26年前の水準にもどったと。気分的に冷え込んできます。

26年前から平成20年の6年間で、株価は約、5.5倍近く跳ね上がったことになります。

すごい、経済成長だったことが分かります。


平成元年に社会人になり、今年で社会人20年目になります。

新人時代の頃を思い出すと、隔世の感があります。


こういう教育・研修系の業界に移って5,6年なりますが


企業でまず、予算が削られるのは3K。

経費、広告そして教育。


一方、一般のご家庭では

外食費、ガソリン代、通信費が縮小傾向にあって

子供の教育費は削られにくい傾向にあるようです。


経済の先行きが不透明と表現されますが、いつの世も不透明ですから

あまり気にはしていませんが、仕事に影響するのは覚悟しておかないとです。


気分だけでも明るく過ごしたいと考えいます。
[PR]
by 4uall | 2008-10-27 21:39 | コーチ雑話

コロンボ方式

「えーーー、うちのかみさんがね、あなたの大ファンでして・・・」

「そういえば、内の甥っ子がカメラに凝っまして・・・」

「あ・・・、最後に一ついいですか?」


コロンボと言えば、刑事コロンボ。


先日、図書館にいったら

「刑事コロンボ 完全捜査記録」

なる本を見つけたんです。別冊宝島からでています。

全69話のエピソードや作品解説、小道具や配役のこぼれ話も

こと細かに書かれていて、思わず、引き込まれました。

中には、S.スピルバーグ監督の作品もあったりと興味深々。

醍醐味は、視聴者が判っている犯人をコロンボ警部がどう追い詰めるか。

知的駆け引きの魅力ですね。犯人もインテリが多いのも特徴ですね。

で、その攻防の中で、犯人に投げかける

とぼけた身内話。それに親切に答える犯人。緩急の妙。

定番は、別れ際に、よく使うのが

「あ、最後に一ついいですか?」

相手が安心している瞬間に、すっと入り込む絶妙なタイミング。

ほっとして、警戒心が下がった間合い。

大抵動揺して、動揺を隠して、コロンボには確証に必要な言葉を

犯人から不用意な言葉を引き出します。

勉強になります。

コーチングで使ってみると、確かに効果あります。

特に、選択肢や可能性、方法、手段、アイディアを広げる、増やす時に

散々、絞り出しておいて、仮定法も使い、絞りきった状態で

一旦、緩和させておいて、更に、絞り尽くす。


そんな感じです。


で、コロンボ方式と命名しました。


更にとことん絞り尽くす、そんな質問です。

「あ・・・最後にもう一つありませんか??」

ぎゅっと濃縮された何かが生まれます。
[PR]
by 4uall | 2008-10-20 22:57 | コーチ雑話

copyrightは・・・・

先日、ふと思った仮説です。

copyrightは著作権、版権と、その著作者の権利、利益を法律で

守る事と広く浸透しています。


ただ、別々に訳すと・・・・

copy = 写し、複写、模写

right = 正しい、正義の

英語を習いたての頃、意味が一個しかないと思い込み

教科書の単語の意味を辞書で調べるときに

第一義で、訳してしい、意味がちんぷんかんぷんになる。

その体験を思い出しました。


copyright は 直訳すると

’複写は正しい’ コピーしてもOK という 意味に取ってしまう

事故、思い込みが起こっても、英語圏以外では攻められないのでは?

むしろ単純な誤解を招く言葉にしてる事態が問題であると。

「No copy」 とか、英語圏以外でも分かりやすい表現にする工夫もありなのではと。


地球温暖化対策で「緑化計画」という指示を受けて

岩山をペンキで緑に塗ったとう、国民もいるんですから。


ちょっとした、思いつきでした。
[PR]
by 4uall | 2008-10-06 22:20 | コーチ雑話