<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

この前6/2の回答・・・です。

えーー、6/2に書いたまま、次回が今回になってしまいました。

口に入るのは?ということでしたが・・・・

口、1/6、1/4、1/3、口、1/2、口、2/3、3/4、5/6、口、1


答え・・・

1/12、1/6、1/4、1/3、5/12、1/2、7/12、2/3、3/4、5/6、11/12、1

でした。

毎年、もう一年の二ヶ月経ったとか、一年の1/4が終わったとか

一年のどれだけがすぐ分かればいいなと思いつきで書いてみました。


1月(1/12)、2月(2/12=1/6)、3月(3/12=1/4)・・・・といった具合です。

今日は6/30 一年の折り返し地点。 一年の半分、1/2が済んで

あと、1/2年あることになります。

見慣れたものや事を違った数値で見てみると

受ける感じ異なって、新鮮に感じました。

では、また・・・。
[PR]
by 4uall | 2008-06-30 22:44 | コーチ雑話

印象の格差

研修では、コーチングスキルから見た

会話、コミュニケーションについてお伝えしています。

コミュニケーションを上達したい方がたくさんおられます。

職場、学校、近所付合い、家族、兄弟、親戚などなど・・・

人がいるとこ、会話ありです。

昔からなんでしょうが、年代差による意思疎通が

スムーズでないことも、今日、昨日に始まったことではないです。

若い時は、年上の人に対して「分からず屋」「頑固」「話を聞いてくれない」と思っていたし

20代、30代になると、「最近の若いもんは・・・」と分別臭く批評してみたり。

これは、昔からある風景ですね。どの年代の方にも覚えあることと思います。

で、どうやら

いつの時代も「発信する側の意図と受けると側の印象に格差がある」というのが

到達した考えです。格差という言葉に便上して「印象格差」と言える

現象としてミスコミュニケーションのひとつに位置づけました。

言葉は変化して、進化して生活に溶け込んでいます。

そのスピードがいかんせん、速い現代社会。


方言に関する本を読んでいた時

言葉が伝播する速度は、一年で1Km位らしい。

これは、江戸末期、明治初期に話していた江戸言葉の中に

戦国時代に京都、大坂(当時は土偏)で使われた言葉あるらしいです。

具体的に覚えてませんが・・・。

戦国時代から明治初期まで、大雑把に約400年。

で、一年1Kmで伝播するという学説になるらしいです。


それに比べて、現代は・・・・、速すぎですね。


それで、ニュアンスのズレがいろんな世代間で顕著化してる。


だから、意思疎通のズレをなくすことができたら、少なくできたら、

スムーズな会話になるという事が言えるかと思います。

「印象格差」に戸惑い、間違いを正すのでなく

違いを「楽しむ」気持ちで会話してるとあまりイライラしませんね。
[PR]
by 4uall | 2008-06-16 23:02 | コーチ雑話

ファインプレー、ブーイングの法則

「人は褒めて育てよ」とよく聞くことがあります。

ところが、この「褒める」がなかなか難しい。

褒めすぎると、増長するし。

言い慣れてないから、たまに言おうとすると

変な表情になり、かえって、誤解されたり。

「そんなに褒めても、なにもでないよ」とか

「おだてて、何を企んでるの?」とか散々な返事を

されたことありませんか?

で、どうやら「褒める」のは難しい。

なので、「認める」と言い換えています。

相手の行動を見て、その通りに、まずは肯定的に伝える。

で、言うタイミングは、まさにそれが起こった時が効果的。

後日でもいいですが、ライブ感、臨場感もふくめ

相手が受けとり易いのは、まさにその瞬間です。

ファインプレー的な、肯定的な表現だと、

言われた本人は、「褒められた」と思う方が多いようです。

もちろん、ファインプレーだけでく、ミスもするわけで

そのときは、ブーイング的に、そのミスだけに関して

自分の否定的な気持ちを伝える。

ただし、相手との関係をよく考えてですが。

OK、Bad その瞬間に伝えることが、この法則のコツです。
[PR]
by 4uall | 2008-06-09 23:38 | コーチ雑話

雰囲気・・・

今日、梅雨に入ったようです。

気分が天候に左右され勝ちですがリフレッシュしながら

過ごして行きたいと思っています。


ところで・・・口に入る数値はなんでしょうか?

口、1/6、1/4、1/3、口、1/2、口、2/3、3/4、5/6、口、1

答えは、次回。


セミナーの初めてに、時にはミニゲームをしたりします。

こういうクイズもそのひとつ。

緊張をとく、アイスブレークになります。

あまり本編と違うことしても、つながりがないので

組み立てには工夫しています。


雰囲気は敏感に、感じます、雰囲気敏感肌ですので。

硬いとこちらも滑り出しが、うまくいかない印象があります。

で、面白いこと、笑いを狙いにいくと、かえtって冷たくなります。

場を掴むことができる方みると、うらやましいですね。
[PR]
by 4uall | 2008-06-02 23:06 | 雑考