2010年 03月 15日 ( 1 )

認知度

コーチの認知度と言うかコーチングの認知度。あがってきています。


年齢別での印象は20代が増えてきています。

大学でも、自主サークルでコーチングを学んでいる学生さんもおられます。

研修でも、ご存知か手を上げもらうと、比較的若い世代に多くみられます。


コミュニケーションツールとしての活用であり、コーチをつけるという方はまだまだという感じです。


コーチングスキルを学んで、よりよい人間関係を築く傾向が高いですね。


もうしばらく経つと、コーチをつけて、よい人間関係を選択する段階に発展していくのも期待できそうです。


自分のしたいことをするために、コーチをつけるのであって

コーチングスキルを学び、強いて使う必要はないという点を今後、重点的に強調していこうかと。


何かを手に入れる手段や選択肢を増やすために、引き出す手段としてコーチングがあり

当事者は、問題点や対象となる人物にコーチングスキルを使うとは限らないという点です。


ですから、しかったり、説得したり、諭したり、咎めても、特にかまない、という意味です。


もちろん、今まで、そうしてきて相手が変わらないから、コーチング的に接するでもOKなのですが・・・。


役に立たないと、思われる方がおられたら、その点を見直し頂けるといいのかなと思います。


コーチ、コーチング、使い方、使い勝手など、自分にコーチをつけると言う認知度は

まだまだ工夫の余地ありですね。

来週は祝日の為お休み。次回は3/29になります。
[PR]
by 4uall | 2010-03-15 23:20 | コーチ雑話