年末年始の慣習とコーチング

今日から2月。

1/12が終わりました。今年は何か1/12が過ぎた実感が伴わない印象です。


外は今、予報通り一面、雪が積もってきています。

明日の朝、凍る前に雪描きが必要かもしれません。


年末年始は、よく使うプログラムとしては

「立ち止まって、現在地を確認して」「行き先を決めて」「必要な準備を列挙する」事を行っています。

反省・振返り⇒書初め⇒抱負という順序かもしれません。

別に目新しいコーチングならではの手法でないなと。


紅白を観ながら、今年一年を振り返って、一年の出来事やいろいろあったけど年越しできる感謝を表し

年越しそばをすすり、除夜の鐘を聴きながら今年一年の思いや抱負を語る。

初詣で祈願する。

年中行事として慣れ親しんでいます。


見える化に当るのが書初めと言えるでしょうか。


コーチングだと構える部分と生活習慣として出来てる、やってきた部分をつなげて

日常生活に活用できるコーチングも広めていけたらなと思っています。

次回は2/8です。
[PR]
by 4uall | 2010-02-01 23:56 | コーチ雑話
<< 印象的所感 か 印象的感想 か 「かわいく育ちました。」 >>