コーチ大会&コーチングフェスタ

12分の11が過ぎ、残り1分の12になりました。

年の瀬です。


先週ですが、二つの大きいコーチイベントに参加してきました。

11月21日(土)日本コーチ協会(JCA)主催第11回日本コーチ大会
11月22日(日)JCA東京チャプター主催 第一回コーチングフェスタ

両日あわせると1000人位の方がご参加されたと思います。

業界的にはまだまだコジンマリしてる印象ですが、確実に裾野の広がりを感じました。

この数年はめっきりコーチングもテレビ、新聞や雑誌で取り上げられる機会も減りました。

これは、一重にニュース性という意味では薄れてきた、すなわち、浸透してきた証だと理解しています。


書店でも、コーチングの本は飛躍的に増えています。

研修でも、20代の層にコーチングをご存知の方が増えています。

嬉しいことに、弊社へのご依頼も増えています。


日本人、日本社会に合ったコーチングの形が醸成されつつあるそんな印象があります。


他民族国家で体系化された言語義術が、少数民族国家で新たな変容を遂げている過程に

身を置いてる事は、後から振返れば貴重な体験になるんだろうなと思っています。


言葉はだれのものではなく、言葉はみんなのもの。


言葉の力、質問の力、認める力、伝える力、人は人から影響を受ける。


コーチングを土台に、いろいろな方と接して日々、知識と体験が結び付き物事の多面性を感じています。


良い悪いというある判断基準も必要です。

居る、有るという事実は事実。


お互いに干渉・影響し合って、在るのだと思う最近です。


最後になりましたが、22日(土)コーチングフェスタで、当方の分科会に

ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました。

とても有意義なアンケートご記入ありがとうございました。


次回は12/7です。
[PR]
by 4uall | 2009-11-30 08:22 | コーチ雑話
<< 後ろ向きで見つかるものもある。 移動時間の使い方 >>