恥というは、心から耳を傾ける気持ち

6/29は元旦から180日目

365日の今年は、7/1が182日で後183日丁度一年の半分、折り返しとなります。

閏年では、7/1が183日目、後183日になります。

もう・・・なのか、はや・・・なのか、毎年毎年頭に去来する言葉ですね。

年末にもこの言葉は去来します。毎年ながらワンパターンで苦笑していまいます。


さて、先日、セミナーに伺った際、ご担当の方と次回の研修目的骨子について打合せをしてました。

短時間でより深堀できるような濃い内容にならないかとのご相談でした。

演習が記憶に刻み込まれて、目的向かう行動変容につなげられるかと言う点で一致しました。

で、一つの解として、演習を通じて、いい意味での「恥の自覚」ということで合意を得ました。

確かに、恥ずかしいと思う気持ち、「恥」は知識を吸収したり、工夫を練ってみたりと

行動変容を促す強力な要素と言えます。

「恥」は判らない、知らない事で、気まずい思いになったとき、「心から耳を傾ける」姿勢になる様がこの漢字が

よく表してるなと、感心してしまいました。

コーチング的にも、専門家やが未熟さを突きつけるより、自ら自覚して貰った方が

自由度発想度が高いと考えています。

「恥」は日頃そういった事態に直面したとき、「心」から聞く「耳」を持つという創りになっています。

素直に聴けるかどうかより、大人しく聴く状態になりやすいのは事実と思います。

改めて、漢字自体の示唆に富んだ組み合わせ創りに、ますます興味が惹かれています。


本人に合った「恥」が自覚できるようなプログラムを作って行きたいと思いました。
[PR]
by 4uall | 2009-06-29 23:30 | コーチ雑話
<< ドリームパイ コーチングのFGH >>