言いたい事が言える時

心行くまで、話したい

自分の考え、意見を聞いてもらいたい

思いついたことを聞いてほしい

知らなかったことがわかったから伝えたい

さっき見たことを話したい

さっき起こったことをしゃべりたい・・・などなど・

人と話す理由は様々です

日常生活では、会った相手によって話す話題を選ぶか

話したい内容によって相手を選ぶか、概ねどちらかと思います。

なかなか言いたい事を言えてないのが実情にみえます。


コーチは、コーチングがより機能するためにコーチングセッションのルールをご説明します。

何でも喋れるという事、言いたい事が言えるという感覚をつかむまで個人差があります。

また、こんなこと言ったら、照れるとか、恥ずかしいとか、意味ないとか・・・・

そいうお気持ちもわかりますが、何かを気づき、行動に結びつけるコーチングでは

弊害と言えるものなるかもしれません。

コーチは相手の行動を促す、いろいろ手法を組み合わせて接します。

個人的に気を配っているのは「言いたい事が言える」環境造りと接し方になります。

その関係ができあがるとさまざまな角度から質問し、本人が見えてないところをご自身が掴むと

事を達成するための手法、手段も、もっと可能性が広がるきっかけになります。

質問も大切。相手が抱く気持ちも大切と思っています。
[PR]
by 4uall | 2009-06-08 22:55 | コーチ雑話
<< お互いがお互いを大切にする気遣い 効率を高めるマネジメント >>