聴き倒す

先日ある教職関係者の研修会での出来事。

しっかり聴くとう意味を込めて「聴き倒す」と表現したところ

「聴き倒す」の「倒す」はあまりふさわしくないという事を指摘されました。

言葉のニュアンスとして、違和感があったと思われます。

先生ですから、「聴き倒す」は、ぴたっとこなかったのかなと。

大阪方面では、「しっかりやる」「傾倒するくらい熱中うる」と言ったニュアンスなんですが・・・。

で、他にいい表現、聞こえのいいフレーズはないかなと探しました。

ま、、活動範囲が関東が多いですし。

結構、ラジオやTV、新聞の中から捜してきます。

で、新聞のあるコラムだったかと思います。

相手の話を「聴き遂げる」と言う表現ありしばらく採用していました。

・・・・が、少し「遂げる」というのは、「成し遂げる」、「達成する」と言った感じと

結果的にそうなる感じがあって、ビッタと一致してませんでした。

「聴き尽くす」はどうだろうかと、閃きました。

で、しばらく「聴き尽くす」という表現で試してみようと考えいます。

しっかり「聴いて」聴き残しがないように!という感じが伝わればと思っています。

傾聴と区別をつけたいのもありますし。

「尽くす」という感じが、少しビッタと来ています。


あと、意図的に、はじめて研修を受講される方には

「聴く」意識を高めるように表現していますので

マッチしてもらえたらと。


また、成果がつかめましたら、ご報告しましす。
[PR]
by 4uall | 2009-02-09 18:56 | コーチ雑話
<< コーチング三段活用 離職率が1/10に・・・ >>