依怙贔屓よりeco贔屓

ちょっと、思いついたので・・・

  依怙贔屓:他よりも特にその者に目をかけること。公平でない。 (国語辞典 岩波)

特定の相手に偏る、肩を持つ、甘くなる・・・。

人間社会、とかく合う合わないの感覚で、そういう感情が芽生えるのは仕方ないのかなと。

そんなことを考えながら、思いついたのが、

依怙を、ecoに変えてみました。

eco を贔屓する

  贔屓:目を掛けて力を添えてくれる人 (国語辞典 岩波)

省エネ、CO2削減に対する意識がだいぶ高まってきてる今日ですが

改めてもっとeco贔屓していきたいなと思ってしまいました。

ちなみに、もう昨年までに実行してることは

   ・マイペットボトル

   ・マイ箸

   ・Noレジ袋

   ・リサイクル回収(ビン、缶、古紙、紙パック、トレー、卵パック)

   ・クールビズ、ウォームビズ

   ・設定温度とタイマー設定(常に1時間)

こんなとこでしょうか。

いろんな場面でもっと「eco贔屓」していきますw
[PR]
by 4uall | 2009-01-26 21:03 | コーチ雑話
<< 離職率が1/10に・・・ イメージは流れる >>