copyrightは・・・・

先日、ふと思った仮説です。

copyrightは著作権、版権と、その著作者の権利、利益を法律で

守る事と広く浸透しています。


ただ、別々に訳すと・・・・

copy = 写し、複写、模写

right = 正しい、正義の

英語を習いたての頃、意味が一個しかないと思い込み

教科書の単語の意味を辞書で調べるときに

第一義で、訳してしい、意味がちんぷんかんぷんになる。

その体験を思い出しました。


copyright は 直訳すると

’複写は正しい’ コピーしてもOK という 意味に取ってしまう

事故、思い込みが起こっても、英語圏以外では攻められないのでは?

むしろ単純な誤解を招く言葉にしてる事態が問題であると。

「No copy」 とか、英語圏以外でも分かりやすい表現にする工夫もありなのではと。


地球温暖化対策で「緑化計画」という指示を受けて

岩山をペンキで緑に塗ったとう、国民もいるんですから。


ちょっとした、思いつきでした。
[PR]
by 4uall | 2008-10-06 22:20 | コーチ雑話
<< コロンボ方式 朝が寒くなってきました。 >>