印象の格差

研修では、コーチングスキルから見た

会話、コミュニケーションについてお伝えしています。

コミュニケーションを上達したい方がたくさんおられます。

職場、学校、近所付合い、家族、兄弟、親戚などなど・・・

人がいるとこ、会話ありです。

昔からなんでしょうが、年代差による意思疎通が

スムーズでないことも、今日、昨日に始まったことではないです。

若い時は、年上の人に対して「分からず屋」「頑固」「話を聞いてくれない」と思っていたし

20代、30代になると、「最近の若いもんは・・・」と分別臭く批評してみたり。

これは、昔からある風景ですね。どの年代の方にも覚えあることと思います。

で、どうやら

いつの時代も「発信する側の意図と受けると側の印象に格差がある」というのが

到達した考えです。格差という言葉に便上して「印象格差」と言える

現象としてミスコミュニケーションのひとつに位置づけました。

言葉は変化して、進化して生活に溶け込んでいます。

そのスピードがいかんせん、速い現代社会。


方言に関する本を読んでいた時

言葉が伝播する速度は、一年で1Km位らしい。

これは、江戸末期、明治初期に話していた江戸言葉の中に

戦国時代に京都、大坂(当時は土偏)で使われた言葉あるらしいです。

具体的に覚えてませんが・・・。

戦国時代から明治初期まで、大雑把に約400年。

で、一年1Kmで伝播するという学説になるらしいです。


それに比べて、現代は・・・・、速すぎですね。


それで、ニュアンスのズレがいろんな世代間で顕著化してる。


だから、意思疎通のズレをなくすことができたら、少なくできたら、

スムーズな会話になるという事が言えるかと思います。

「印象格差」に戸惑い、間違いを正すのでなく

違いを「楽しむ」気持ちで会話してるとあまりイライラしませんね。
[PR]
by 4uall | 2008-06-16 23:02 | コーチ雑話
<< この前6/2の回答・・・です。 ファインプレー、ブーイングの法則 >>