ファインプレー、ブーイングの法則

「人は褒めて育てよ」とよく聞くことがあります。

ところが、この「褒める」がなかなか難しい。

褒めすぎると、増長するし。

言い慣れてないから、たまに言おうとすると

変な表情になり、かえって、誤解されたり。

「そんなに褒めても、なにもでないよ」とか

「おだてて、何を企んでるの?」とか散々な返事を

されたことありませんか?

で、どうやら「褒める」のは難しい。

なので、「認める」と言い換えています。

相手の行動を見て、その通りに、まずは肯定的に伝える。

で、言うタイミングは、まさにそれが起こった時が効果的。

後日でもいいですが、ライブ感、臨場感もふくめ

相手が受けとり易いのは、まさにその瞬間です。

ファインプレー的な、肯定的な表現だと、

言われた本人は、「褒められた」と思う方が多いようです。

もちろん、ファインプレーだけでく、ミスもするわけで

そのときは、ブーイング的に、そのミスだけに関して

自分の否定的な気持ちを伝える。

ただし、相手との関係をよく考えてですが。

OK、Bad その瞬間に伝えることが、この法則のコツです。
[PR]
by 4uall | 2008-06-09 23:38 | コーチ雑話
<< 印象の格差 雰囲気・・・ >>