<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

辞書読

来週からゴールデンウィーク。
温かい春の陽気には程遠い毎日が続いています。

空気の匂いも、豊作や実りを約束する、芳醇な堆肥の発酵した薫りが不足しています。

時として、むせる様な栄養価の高そうな大気感がまだまだです。


聴く仕事の中で、言葉の持つ力や、発した印象など、体感的な事に大変敏感になっています。

時間があると、辞書を読んでいます。

国語辞書、広辞苑、漢和辞典、英和辞書、四字熟語・・・

新しい辞書の方がいいですね。

見分け方は、勿論、出版年月ですが、コンピューター用語や最近の人物名を引くと大体わかります。


最新のでなくても、読むたびに興味深い再確認や発見があります。

自己満足的な事ですが、読める、聞いたら解る言葉や言い回しを

その状況にピタッと表現できた時は、心地よいです。


たとえば、

「なかなか実行に移せていない。」だと、「~~ない」と否定で終わっています。

「~~ない」という否定的に会話が終わると、話が止まってしまう場合もあります。

時には、別表現で、文脈や展開の内容によって、下線部を

「なかなか実行に移すことを躊躇している」「ためらう」「逡巡(しゅんじゅん)する」

「二の足を踏む」「構える」「迷っている」「熟考している」などと表現してみます。


自分としても単調にならないし、聴いた方も、言い慣れない言葉を聞くことで

自分の感情や思いにあった表現として、合致する場合もあります。


分かり易い表現は、噛み砕いて、過剰に説明するよりも、的確な語意で、分かり易く伝わる場合もあります。

改めて、日本語を正しく使えると、自分も相手にも多岐に富んだ伝わり方になります。


ただ簡単にするではなく、別表現する、知っているけど、使えていない表現が分かり易いにつながります。


そのために、辞書読はお勧めです。きままに、開いた箇所から眺めて観て下さい。

教養が深まります。


4/30は振替休日の為、次回は5/7 です。
[PR]
by 4uall | 2012-04-23 23:06 | コーチ雑話

表情管理

桜も大分散ってきました。
4月中旬ですが、朝晩はまだまだ気温が低めです。


季節の変わり目は、なにかと体調を崩してしまう方も多いかと思います。

寒暖の差が大きいと、出かける時間帯によって、装いが時間経過と共に合わなくなる場合があったりします。

また、体の調節機能がついていかないのか、あるいは、季節変動に敏感な感覚になっているのか

気候にも大変左右されています。


体調管理は日常の課題です。いい状態に保つ事が望まれます。


同じように対人関係で重要な事に、表情管理があります。


表情管理できていますか?


体調管理は自分の健康に直結してます。表情管理は、周囲の方の印象に直結してきます。

自分との関わりに大きく関係しています。

自分の表情一つで、周囲の方の気持ちを左右する事が可能になります。

これは身近な方の表情によって、自分の気持ちが、影響受けることをご経験されていると思います。

厳しい表情の方が近くに居ると、自分が怒られてる訳でないのに席を立ったり、場をはずしたりします。

朗らかな表情の方だと、いっしょに居たいくなる時間が長くなります。


会話の前提となるのは、見た目の印象だったりします。


お互いに、気持ちよく過ごす為に、表情管理にも気を配る事をお勧めしています。



次回は 4/23 です。
[PR]
by 4uall | 2012-04-16 23:31 | コーチ雑話

モチベーションは不問と思う

ここら付近では、桜がもうすぐ満開です。

都内は週末桜の名勝は凄い人出でした。

茨城はもう少し後が見ごろでしょう。



さて、モチベーションを気にする様になったのは何時のころからでしょうか。

やる気と言っていた時代は、やる気のあるなしは仕事の質とは切り離されていたように思える。


出来ない、進まない、上手くいかない、手がつかない・・・こんな言い訳をすると

「要はやる気の問題やな」と一蹴される。「言い訳はいいから、やるべき事をやれ」と言われる。

どんな業界のどんな職業でも、職業人でる以上、業務に対する責務があって

しなくてはならない事は決まっている。

それを気分で左右するのは、プロ意識、職業意識とは相容れないけじめがあったように思える。


ところが、モチベーションを丁重に扱いだしてから、変に気遣いが増えて来ている気がする。


モチベーションを上げると仕事効率は増大するという思考である。


一見、その通りである。


が、職業人としては、如何なものだろうか。

職業人、職人、プロフェッショナル・・・様々な言い方あるにしろ

究めた方から、不作の口実をモチベーションにする方はいない。

もし、口にしたら、自分で自分を貶める様なものである。

職業にしている自体、職業人として自覚ある仕事をして当然だと思える。


職業としては、事の進捗をモチベーションを言い訳には出来ないと思っている。

自分の問題を、周囲に負担を掛けていい訳がない。


上司が、部下のモチベーションまで、ケアするのはしっくりこない所以である。

仕事である以上、モチベーション云々は不問でるのが、職業意識っていうものだと思う。


次回は 4/16 です。
[PR]
by 4uall | 2012-04-09 17:09 | コーチ雑話

日本人としての肯定感

新年度が始まりました。

4月1日から新社会人になった皆さん、おめでとうございます。

こう4月に足並みが揃うのもそう長くはないかもしれません。


世はグローバル化が進み、随時入社時代に移行して行く事でしょう。


これからもあらゆる場面で、グローバルと称する直面する事でしょう。



欧米化的な事がグローバルではないにしろ、どうも日本人は他国の事情を気にし過ぎな感がある。

他国はそんなに他国を意識していない。自国第一。民族第一。


欧米が中心となった経済牽引国の都合がグローバル化っぽい。今は、負の方向に道連れ状態。


中国が世界の経済発展の中心となっても、中国化はグローバル化と言わない。

白人社会の国際ルールをグローバル化と称している気がする。

白人ルールであって、有色人種には適応されない事が多々ある。


分かった上でのグローバル化ならまだしも、盲目に従うのは甚だ疑問である。


日本人として優位性、優秀性を語ると、得てしてシラッとしてしまう場合がある。



国際社会では、競争力は、単なる安価な大量生産に走っている。

装置産業による大量生産は、地域に根付かない。より安価な人件費を求めて移転するからだ。


移転しないのは、固有の特性、他国、他者とは異なる伝承の民族性で、これこそが真の競争力になる。


日本人としての肯定感をしっかり抱き、日本人という固有の特性を国際社会で語れてこそ、国際人と言える。

日本人を売り込む総営業マン。グローバル化で際立つのは、個性であり、固有化である。

どこへ行っても同じような風景、産物、景色は没個性である。国内の国道沿いは、既にそうなりつつある。

B級グルメ、ゆるキャラ、方言が流行る、懐かしむのは、反均一化だからである。



自信のない国民性、自国を必要以上に軽視する国民とは付き合いたくない。


過去、多くの国々の多くの外国人と仕事をする機会があったが、自国を卑下する方は居なかった。

謙遜すると却って、怪訝がられた。多くは誇りを持って「我々はナンバーワン」だと胸を張っていた。


驕りは、疎まれるが、誇りは魅力。


日本人としての肯定感、持っていますか?語れますか?


次回は 4/9 です。
[PR]
by 4uall | 2012-04-02 23:44 | コーチ雑話