<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2月の終わりに

今日は、昨日の陽気と打って変わって、降雪になりました。

常磐道では、小美玉から友部辺りまで、路面に雪がうっすらと積もっていました。

昼前んは日立南以北はチェーン規制になっていました。

だんだん暖かくなるゆり戻し的な気候の変化だと思いますが積雪には神経使います。


茨城に移り住んで、9年位にないますが、こんなに雪が降ったり、寒くなったりというは

初めてかもしれません。


気がつけば、12ヶ月の2ヶ月、1/6が過ぎてしまいました。


国内外的にも、明るい話題が少ない印象です。


原油が上がると、ガソリン代に響くので今から気が重い感じです。


思ったほど、電気自動車も身近に感じない中、エコカーも何を選ぶか思案中。


次回は 3/7 になります。
[PR]
by 4uall | 2011-02-28 20:07 | 雑考

事は体調次第

まだまだ寒い予報が続いています。

暖かくなると花粉の脅威がやってきますが幸いまだ、症状は出ていません。

体調には呉々もご留意下さい。

さて、その体調ですが、体調の良し悪しは大切です。

体調のどこかが気になると、何をするにも面倒になり、取り組む課題を後回しにし勝ちになります。


実行を促す場合も同じ事が言えます。


本人の体調や調子が低調だと、出来ない理由、上手くいかない原因、先延ばしの言い訳につながります。


集中できない、何かに気をとられてる、いつもより時間がかかる、といろいろ自覚症状があります。


事と次第、時と場合によって、気持ちを無理やり向けたり、後回しにしたりと、選択します。



ご依頼人様の直面した問題をいっしょに取り組む時と、その周辺を取り組む時があります。


出来ていない事をいっしょに取り組むと、出来ていない状態が本人を苛む事もあります。

ちょっと視点をずらして、気分や調子を扱うと、エネルギーが高まり、気分が変わり

億劫な物事に取り組めるという場合もあります。


まさしくこのあたりは、PTS(相手、時期、状況)に依るという感じです。


コーチが取扱扱い内容でなく、ご依頼人様の扱いたい内容で展開するのがコツと言えます。


相手の体調、調子、気分、健康、感情にも気を配るのも時々思い出して下さい。




次回は 2/28 です。
[PR]
by 4uall | 2011-02-21 11:48 | コーチ雑話

4月始まり

手帳を漸く、4月始まりに変えることができました。

スケジュール記載期間は、3月第三週から翌4月第一週までとなっています。


1月始まりからの変更だと、ちょうど1月から3月第二週までの二ヶ月半分に不自由な思いがしました。


1月~4月まで、見開きに手書きで一ヶ月分のカレンダーを作って管理していました。

見開き一ヶ月も分かり易いですが、文字が小さくなのが難。

この10年以上常用しているのが、胸ポケットサイズ。

時間帯、客先、場所等を記録するには、小さすぎ。

この数年お気に入りの書式は一週間単位で、横書き型。

日常的に横書きが多いので、手帳も横書きが書き易い。



白紙の手帳を手にすると、気分が一新されます。

今年も先々の予定が早め、早めに決まりますよう多いに楽しく期待しています。


なにはともあれ、来年からは、順当に引き継げそうです。


次回は 2/21 です。
[PR]
by 4uall | 2011-02-14 22:25 | 一言メモ

新しい何かを見つける

とある企業の研修で「新しい発想力を鍛える」という依頼を頂きました。

既存の技術や知識をどう、新規事業に結び付けるかが、課題でした。

大まかな枠組みは、相互理解と容認で構成しました。


水と水を混ぜても、同じ水が増えるだけで、新しい何が生まれる気がしません。


乱暴に言うと、例えば、化学における新しい化合物で、未知の物を手に入れたい時何をしてるでしょうか


過去の知識を元に、いろんな物資を混ぜ合わせます。


混ぜ合わせる分量や割合、温度、気圧、圧力、タイミングなどいろいろ組み合わせて、手に入れたい物質を作ります。


発想の鍛え方また然りと言えるかと。

持っている自分の知識内だけでなく、いろんな相手と話すことによって新しい発想が生まれやすいと言えます。

集団では、いろんな個性、特徴、特性により、いろんな観点や言動をお互い影響し合っていると言えます。


「新しい発想力を鍛える」で、日ごろから

過去の決まった結論を確認したり、押し付けるのはなく、その時、その瞬間で

改めて、ほんとなのかと疑ったり、知らない事実を受け入れたりと、柔軟な、肯定的な受容力が有効と言えます。

自分と個性や発想の異なるメンバーと課題について、話し合う閃きの妙や、予想外の展開を楽しめると新しい何かが手に入ります。


コーチングの質問力もこの当たりにあります。

多角的に、多面的に、問いかけることにより、相手の知識を掘り起こし、有機的に紡ぐ感じです。



次回は 2/14 です。
[PR]
by 4uall | 2011-02-07 00:40 | コーチ雑話