<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Statistic of JAPAN

先週は、またもや、飛ばしてしまいました。

気づいたら22火と・・・「あっ・・・;;」でした。

先延ばしとうっかり。

19土のカメルーン戦の解説をあちらこちらでやっていたので

しっかり観た結果です。先延ばし・・・改善いたします。


さて、26土、ある学校の就職ガイダンスの一コマを頂き「4つの傾向」をいたしました。

興味深かかったのは昨年の学年と構成人数がほぼいっしょだった点。

あまりにも数人の誤差だったので、特性についてますます感心が高まりました。



で、その行く途中のKIOSKでサッカー専門誌「エル ゴラッソ」を見つけました。

サッカーファンの方はには周知のことと思いますが、普段のJリーグには

ほとんど、興味が割けない身としては、とても新鮮な専門誌でした。

新聞置き場に並んでいて、紙面20面で150円。

この号はワールドカップ記事が大半を占め

決勝トーナメント進出を決めたデンマーク戦の結果が掲載。もちろん他のゲーム結果も。

中でも個人的に目を引いたのが各選手の統計一覧「Statistic of JAPAN」。

アメリカンフットボールで、細かい統計は当たり前でしたし

サッカーでもパス数やシュート数は当然あるとは思っていました。

統計の項目は次の通り・・・

選手名-時間-走行距離-パス数-パス成功率(%)-シュート(枠内)-反則-被反則

中でも注目だったのは、「走行距離」。アメフトであるのは、ラッシングヤード。

ただし、実際に走った距離でなく、ボール開始地点とダウンの横から見た進んだ距離。

下がったり、横に走っても合計の数字にはでてきません。

ライインメンにも採用するとダウンブフィールドロックは増えるかも。

技術的に一人一人計測できるとは思いますが、目の辺りにすると驚きですね。

この日一番走った選手は長谷部選手の11,473m、約11.5kmです。

GKの川島選手ですら4,423mで4.4km

90分+ロスタイム分の運動量としては驚くばかりで、さすがプロ選手。



数値化することは、成長育成の励みにつながるし、本人への客観的助言にもなります。

ここまで、精緻だと、張り切れる気もします。


これを観て気づいたのですが、ベンチにいる監督の「Statistic」も計測してもらいたいですね。

マラドーナ監督は、一番動いていそう。ガッツポーズや頭に手をやった回数とか・・・。



なにはともあれ、Best8かけた29日22時 パラグアイ戦 TV前で応援します。

岡田監督の「サッカーはチームプレーという事を証明したい」に大変共感しています。

結果予想は 3-0で日本勝利




次回は7/5です。
[PR]
by 4uall | 2010-06-28 09:16 | コーチ雑話

天から水が無くなる程の雨降り

そろそろ関東も梅雨入り。

この数年、入梅入り宣言は、後日気候をみて発表するようになりました。

宣言してから、好天が続いたり、いろいろ不都合があったのかと勝手に思っています。

あれだけ、地球上空には衛星が飛び、スーパーコンピューターがあっても

大気の流れは読めないという事でしょうか。

6月は水無月と呼ばれていました。

習った時から、雨が降るのに、水が無い月とは?と不思議に思っていました。

学校で習った時、確か「旧暦だから、太陽暦とずれている」と言う様な

説明を聞いて、なんとなくそう思っていました。


先日、はたと閃きました。

水無月が終わると、秋台風シーズンまで、雨はあまり降らない日が続きます。

7月、8月は例年、どこかしら日照りや水不足となります。

で、約二ヶ月間まとまった雨があまり望めない訳です。

水無月・・・「天から水が無くなる程、雨が降る月」なのではと。


古来、自然現象、天の恵みを身近に感じ、八百万の神が生活に根付いています。

貧乏、厄病にも、神と名付ける民族も、珍しいと思います。

そういった自然現象からの視点で考えると、変に納得しています。

人間界はで、水有月なのでしょうか、天上界では水無月。

昔の方の感性に趣きを感じます。



コーチングでは、観点を変えたら、繋がりや言葉が活性化する経験をしばしば。


これもその一つです。


次回は6/21になります。


あ、話は飛びますが

あの小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルが無事に放出され目視で確認されたようです。

今日回収だそうです。

この快挙達成で、感動を覚えます。
[PR]
by 4uall | 2010-06-14 06:04 | コーチ雑話

承認は認可ではない。

6月になりました。

全国的に梅雨入りが遅れ、気持ち過ごし易い日々が続いています。

温暖化というより、異常気象化と言った方がしっくりきます。


私は大分前から、コーチングスキルを紹介する際に「承認」と言う単語は使っていません。


「acknowledgement」 が 承認と紹介されいるだけで、現状と語感が異なります。

補足しないと、多くの会社では、違和感を持って解釈されます。


現に、私が前に居た製造業界では、承認=認可、許可という理解で使います。


例えば、製造するに当たっては、製造設計図を作ります。

顧客からのご注文に対して、量産前に、両者が最終合意を行った「承認図」を取り交わします。

承認図には、詳細な寸法や性能、電気的特性などが記載されいます。

顧客からみれば、注文した製品が間違いなく納められているかの

基準となる非常に重要な図面になります。

製造側からみれば、その通り製造すべき、揺ぎ無い図面となります。

そういう事から

「部下の言動を承認する」「子どもの行動を承認する」という語感に非常に違和感を覚えます。


言い換えると

「部下の言動を許可する」「子どもの行動を許す」と言う様に聞こえます。


実際、多くの現場で、この「承認」にひっかかり、進めない方や

「コーチングって実用的でない」と断ずる方もおられます。


伝え方や、補足でカバーする知恵はつきましたが

初めて、知る機会を得る方には、「認める」伝えてます。

良し悪し、早い遅いは置いといて、「したこと、やっていることは認める」感じです。


「事実を認める」です。


実際には上司や親の立場で表現すると(敢えて、意地悪く書きますと)


「(及第点からはほど遠いけど)努力してるな」

「(そんな生ぬるい方法では、論外だが)いろいろ工夫してるよね」

「(言ったこと通りじゃないけど)やれてるね」


手法として、肯定的に事実を認めると言う流れが、結果成長や、自立、自信に連動していきます。

ここを、意地悪く言うと、皮肉に聞こえます。ご注意を。


瞬間的に禁止、否定するのは、命に係わること、事故につながること、危害を及ぼすこと位でしょうか。


目標が明確であれば、途中経過で、あまり細かく、指導、指示、命令必要もない相手、場合があるかと思います。

最近は、審判のように「裁く、ジャッチメントする」と伝えています。

これは、お互い理解したルールの元だと、より効果は高くなります。


肯定的に、好意的に、友好的に認める、事実を認める


日常でコーチングスキルを使い、お互いの関係をなんとかしたい場合

出来る範囲でやってみてください。


次回は6/14です。
[PR]
by 4uall | 2010-06-07 08:12 | コーチ雑話