<   2006年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

電話でしています。

専属コーチ契約を結んだ後、面談か、電話になります。

面談なら、お近くの方が対象になります。

こちらに来ていただくというより、ご訪問させて頂いています。

往復の時間やらで、制約があります。

電話その点、制約が少なくなります。早朝でも対応可能です。

過去、九州地方から、朝の5時半という時間帯でしていました。

夏場は明るくてすがすがしいですが、冬場は日の出前になります。

お互い、空いてる時間が使えて有効です。

姿が見えないと言う点はありますが、その分、聴覚が磨かれます。

声の調子、間、口調、速さなど、面談では目からの情報で判断、

ミスリード、先入観もはいりますが、音だけなら、確認できます。

「少し、硬いですね」「声が弾んでますね」「いい感じで聞こえます」などなど

言い方も、表現もバリエーションが増しました。

早割りもあって、朝のひと時、有効に利用できます。
[PR]
by 4uall | 2006-12-25 18:59 | コーチ雑話

1:2:7

年末も、押し迫ってきました。

昼間は暖かな陽気です。朝晩風が吹くと寒いですが。

コーチングスキルを高める為に、自分や周りの方々の

話し方、聴き方、行動の仕方の傾向を4つに分けています。

「ソーシャルスタイル」と「4つのタイプ分け」をアレンジして

「4つの傾向」として、研修、セミナーでは使っています。

①リーダー支配系

②アイディア活動系

③ヘルプ支援系

④クール分析系

その割合が

①:②:③+④ =1:2:7

という、傾向が、職制、業種に関係なくあることが分かってきました。

管理職研修、同じ部長、マネージャー、でも、大体こんな感じです。

自然体で、何気にしてる事ですから、得意、不得意などがあるかもしれません。

まず、自分の傾向と周りの人達の傾向を観察して

よりより人間関係を構築していく為に、コーチングスキルに

ご興味もって頂くといいのかなと、思っています。
[PR]
by 4uall | 2006-12-19 10:15 | コーチ雑話

事実からしか学べない

「意識て、観察してください。」

これは、変化、成長、違いを見る為に、行います。

安心感、信頼感、親近感を育てるには、相手の言動を

肯定的に、受け取るとこが有効となります。

自分と違うやり方、表現、価値観が異なることは知っていも

ついつい、自分の方法を言ってしまう。

あーーー余分な一言ですね。

自分の経験値を高めるには、周りの現象、言動が、どう変化してるのか

想像、シュミレーションするのも大切です。

さらに、身につけるには、自分の言動も相手に影響を与えてる事を

知ると、何か言動のヒントが生まれます。
[PR]
by 4uall | 2006-12-11 12:05 | コーチ雑話

デモンストレーションは

いい結果を貰いました。

言うべきときに、必要なキーワードを伝える事が大切。

舞台のセリフですから。

シナリオをメッセージの理解度を高める必要性あります。

いい勉強になっています。
[PR]
by 4uall | 2006-12-04 14:08 | コーチ雑話