<   2006年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

デモンストレーション

ある会社の研修プログラムの模擬練習。

人様のテキスト通りに進めるのが苦手と分かってから

避けてたんですけど・・・。

割ときちきちと、布石とかフレーズが組み込まれているので

身につけるまで、時間がかかりそう。

内容がいいので、興味を持って取り組んでいます。
[PR]
by 4uall | 2006-11-30 07:27 | コーチ雑話

全体の中の一部分

なかなか実行できない、先伸ばしにしてる、3日間坊主で終わってしまう、継続が苦手だ、決めた事をなかなか守れない事は、日常的に経験しています。
優先順位が高いのか低いのか、本当にしたい事か、そうでないのか、したいと思っている、言っているだけで安心してるのか、様々な印象を受けます。
目標を達成する、実行に移す為に、相手の取り巻く環境を整備する事もします。
[PR]
by 4Uall | 2006-11-23 19:50 | コーチ雑話

長雨でした。

そろそろ雨も、雪に変わるかもしれません。

日々、寒くなってきています。

雨の日のドライブは、気を使いますね。

安全運転、安全運転です。
[PR]
by 4uall | 2006-11-21 10:26 | 雑考

日立から

午後から仕事で日立にいます。日立製作所の企業城下街です。わりと山が迫ってます。北を向いたら左に山々、右に太平洋。日立駅前の目抜き通りにある桜並木は立派です。
[PR]
by 4Uall | 2006-11-17 13:19 | 一言メモ

手帳が二冊

もう、来年の手帳、手元に届きました。

今年の12月分から、書き込めるようになっています。

この数年、同じ手帳を使っています。

胸ポケットに入る大きさ。

表紙が黒、付箋尽き。

2冊もつ時期になると、また来年だな~と実感します。
[PR]
by 4uall | 2006-11-15 08:09 | 雑考

自ら命を絶つこと-2

この数日また、いじめに関連した、痛ましい報道を聞きました。

生徒ばかりでなく、生徒を預かる校長先生もということで

なんとも言えない心持です。

「死」が解決につながない事。

踏みとどまってもらいたいと切に思います。
[PR]
by 4uall | 2006-11-13 21:09 | 雑考

高萩から

午後からここ高萩で仕事です。

秋晴れのいい天気ですね。抜けるような青空が広がっています。

龍ケ崎から130キロ時間にして、1時間20分位。高速使ってですが。

日立過ぎると高速から右手に太平洋、左手に山が迫って見えます。

紅葉シーズンには早い感じ。

中央分離帯の植え込みは大幅にカットされてました。
[PR]
by 4Uall | 2006-11-10 12:52

ペーシング・・・呼吸を合わせる

引き出すコツとして、いろんな手法を培っています。

ただただ、質問すればいいというもんでもありません。

相手に圧迫感を与えることは避けたいなと思っています。

自分が、同じことされたら、嫌だからというのが、主な理由。

で、心がけているのが、

「ペーシング」・・・・相手と「呼吸を合わせる」こと

喜怒哀楽、早さ、間、うなずき、あいずちもできるだけ

相手に合わせます。

相手が、落ち込んで、引き上げたいときは、

こっちでペースを上げますが。

あと、相手も、こちらのペースを見てる、影響されています。

お互い影響しあって、「引き出す」ことが広がっていくと思っています。
[PR]
by 4uall | 2006-11-09 07:48 | コーチ雑話

何を引き出せるか??

連休も最後の日になりました。

いかがお過ごしでしたでしょうか?

天気もよく、行楽日和でしたね。

「何を語るか」、「何が伝わってるか」さらに、「何を引き出せるか」

引き出したのは・・・・

現象、言葉、感情、行動などなどは、頭の中で考えるより

事実とて、体感するのが、より、効果的です。

これは、コーチ業をしてきて、よく実感します。

行動に起こしてみると

思っていた事、予想してみた事通りなのか

そうでない事、そうでなかった事、どちらが多いでしょうか。

じっくり考えてやってみたり、言ってみたらり、行動起こしてみたりと・・・。

多くの場合、予想通りだったことは、少ない印象があります。

コーチングの一面はそういう、小さな体験から、いろんな事実を

発見してもらえるといいのかなと、思います。

そんなお手伝いをしてるとも言えます。
[PR]
by 4uall | 2006-11-05 09:13 | コーチ雑話

自ら命を絶つこと

こんばんは

最近、心が痛む報道が多くなりました。

少年少女の段階で、「自ら命を絶つ」事を決心させる事態の深刻さ。

ほんとうに、ほんとうに、残念でなりません。

自分自身、小中校時代に、いじめっ子の対象になっていました。

小学校の時は、よく泣かされていました。

中学校の時は、からかいの的になった時期もありました。

小学生では、「死」という選択は記憶にないですが、

中学校では、確かに、「死」という選択肢がなかったとは言い切れません。

ノートに 「死」という文字を書いたり、腹を切る真似事などしてた

記憶があります。けど、実行には移さなかったですね。

今でも、時々思い出せる授業で習った事があります。

「なぜ、人は生きれるのか?」という事を考える授業です。

ミッション系の学校だったんで、宗教の時間だったと思います。

結論というと 「今日よりも明日はいいことがある、起こるにに違いない」と

感じてる、思っているから、「生きれる」だと・・・・。

・・・・・なるほど・・・と妙に感心もし、今でも時々思い出しています。

では、なぜ、「死」とう選択をするのか・・・・

それは、「絶望」しかない時だと。

・・・・これも、妙に納得しました。

「望みを絶たれる」こと一縷の望みすらないなら、自らの死に至ると。

明日の事は誰もわからない。だから、まったく一縷の望みがないと断固として

言えるかというと、言えないと考えています。

「自ら命を絶つ」ことは、思いとどまって欲しいと、いつも報道を

聞かされたときに、強く感じます。
[PR]
by 4uall | 2006-11-02 23:25 | 雑考