「かわいく育ちました。」

今年、三年目になる茨城県教育委員会「絆づくりプロジェクト」。

県内の小中学校に招かれてコーチングを基礎にしたプログラムをご提供しています。

3年間で延べ40校を越える経験を得ました。

対象は小学校1年生から教職員、保護者のみなさまです。

今年数回招かれた小学校の体験です。

6年生対象に、定番のプログラムと学年の情報を聞いて相応しいと思われるプログラムをさせて頂きました。

「快話のコツ」や「聴く練習」などを行い先週最後の回では、「絆の再会」を実施しました。

終了した後、教頭先生に総括して頂きました。

今年の六年生は

①非常に落ちて、まとまりができた。
 ⇒学級運営に役立った。

②けんかがなくなった。
 ⇒けんかの報告をうけていない。

③かわいく育ちました。
 ⇒その年の子供らしく、成長した。

もちろん、この成果は担任の先生方のご尽力の賜物です。

「一口でまとめると、ほんとうにかわいく育ちました」とおっしゃられたことが、一番印象に残りました。

先生方の気持ちが集約された一言のように思います。

その六年生の成長に少し係われたことの幸運と体験に感謝しています。

次回は2/1です。
[PR]
by 4uall | 2010-01-25 00:01 | コーチ雑話
<< 年末年始の慣習とコーチング 鍛究心 >>