北京オリンピック

はじまりました、オリンピック。


ついつい観てしまいますね。


元オリンピックメダリストの解説者のコメントに注目しています。

「リラックスして」

「力まない」

「普段の力を信じて」

「自分のペースで」

「おもいっきり」

そうなんですね、自分との戦いが、競技を制す感じです。


経験ありますが、力むというか、雑念が入ると、結果失敗する事が多い気がします。

気迫に飲み込まれても、力を出せませんが、やる気十分でも空回り・・・。

調整というか、集中というか、そのあたりのメンタル面の持って行き方、持続の仕方が

工夫することは大切だと思っています。


コーチングでも、そのあたりは注視する点です。

イメージを具体化して、状態を自分自信が、自分の言葉表現する。


身体と訓練された反射が一致すると、偏る事なく、バランスよく

一体化て、自分の力を出し切ることになっていくのかなと。


結果はともあれ、競技中に

蓄積してきた自分の情熱や周囲の期待、状況や相手に応じて

自力を出し切れる事を願いながら、応援しています。
[PR]
by 4uall | 2008-08-11 22:22 | コーチ雑話
<< パーソナル・コーチング しない事をやってみる >>