引き出す為に

引き出す為には、効果的に関わる事が必要です。

基本的な技法では

認める

伝える

問いかける

があります。


それだけでは、なかなか変化が見られない場合もあります。


多くの方は、コーチングスキルを学ばれてもコーチになる方は少ないです。

多くの方は、日ごろの生活に使いたいと思って学ばれています。

コーチとしてではなく、その方との関係を重視して

組織や集団の目標の為に、自分の責務、業務、責任に誠実なるという感じです。


意図的に、相手の自発的な行動を促すなら


叱る

発奮させる

反対する

禁止する

突く(つつく)

等があります。


いろいろお試しください。




次回は 7/4 です。
[PR]
by 4uall | 2011-06-27 20:24 | コーチ雑話
<< 7/16、8/20のセミナー案内 「がんばれ」の使い方 >>