マイコーチの選び方

先週26日にNHK「Bizスポ」でコーチングが紹介されました。

就活、婚活に活かされてる様子だったと聞いています。大変喜ばしいことです。

ビジネスシーンやセミナーではなく、パーソナルなテーマに、そのテーマの専門家でなく

自分の特性を観て個別対応ができるマンツーマンの専門家としてコーチ契約結ぶ方が増加中という事でしょうか。

昨今の「お一人様」的な発想に近いと言えます。


ネットで検索すれば、コーチ、コーチングを提供している方はとても多くなりました。


コーチを雇うことは、自分のパフォーマンス、意欲を高めるいい選択です。

コーチを雇っても、自分がコーチングスキルを使う必要も無く、自分の選んだ手法を実践するだけです。

では、数多いるコーチの中から自分に合ったコーチをどう見つけるのか・・・です。

マイコーチの選び方は重要です。私も気をつけている9つのポイントを列挙します。

1)相性
  結構重視しています。長い付き合いなる場合がありますので気分的に合うといことは大切です。

2)師弟関係ではない
  コーチングスキルを教わっている先生ではないということです。
  対等に、遠慮なくいろんなこと、気持ちを言える相手であり要望も躊躇わずに伝える事ができる相手。

3)専業
  売上高の割合がコーチング関連の方が多い事。

4)コーチ暦
  永ければいいという事ではないですが、コーチング経験豊かな方が対応する機知に富んでいます。

5)無料体験
  1)の話になりますが、自分が納得してコーチングに対価を支払う為にも体験はお勧め。

6)面談か電話、もしくはスカイプ
  お互いの場所にもよりますが、電話はいい道具です。時間や場所に囚われません。
  お互い見えない効果で考えがまとまることもあります。

7)同意書または、契約書
  書面で基本的な約束事を取り交わします。内容について納得して契約する事をお勧めします。

8)契約期間
  コーチによって一ヶ月毎の更新か、三ヶ月や一年まとめて契約している場合もあります。
  お勧めは、短い更新期間です。達成したら終了できるからです。自分の要望も伝えてみましょう。

9)学習暦
  コーチ自身も、どんな勉強を日頃しているか確認しても大丈夫。
  コーチも日々勉強している事は、自分に有利な要素になります。


なんといっても、自分の為に選ぶのですから、遠慮なく、試してみて、納得して、選んで下さい。

次回は12/6です
[PR]
by 4uall | 2010-11-29 22:55 | コーチ雑話
<< 自律的がいい感じ 冠婚葬祭、葬式だけ? >>