知らない自分の見つけ方

暑いです。

日差しといい、大気を吸い込んだ喉越しの重さといい、身体に響きます。


酷暑を通り過ぎて「激暑」。


「汗が出ているうちは生きている、乾いたらアブナイ」とアメフト選手時代に教わりました。


「乾く前に飲め、抜ける間に叩け」です。いつもより、水分は多目に摂っています。


さて、弊社では、研修をさせて頂く時に、参加者のみんさんからアンケートをご記入頂くようにしています。

今後の運営に役立てることと、理解度を観るためです。

最近増えてる傾向にあるのは、自己表現や意思伝達向上をテーマにしたプログラムです。


コーチングの引き出す枠組みのなかでプログラムを作ります。


基本は研修ですから、普段していないこと、不慣れなことに参加頂き

体験を通じて、何かを手に入れて頂くように工夫しています。

形式値的なレクチャーと、暗黙値を育むコーチングの違いを意識しています。


この1ヶ月、社会に出ようとしている高校生、専門学生対象に

自己表現を身につける為の研修をさせて頂きました。合わせて300人位です。


お一人、お一人、いろんな感じ方をされ、それが、また、こちらの糧となります。


今回、印象に残った一つに、「知らない自分」を見つけたとありました。


「できない、苦手を思っていたが、やってみると、できた自分がいた。

知らない自分に出会えたと」言ったような内容でした。



既知の環境からでも、多角的に検証すれは、いろんな可能性は見つかりますが

成功例の枠から、飛躍することは難易度があると言えます。


一方、強制的に、苦手なこと、知らないことを経験することで

できる自分、とまどった自分、できない自分、いやな自分など、既知情報以外の自分に会うことができます。



気軽に手軽に、新しい自分、知らない自分を見つけるには、知らない方を会うのがてっとり早いと言えるかと思います。


なにかと交流会やオフ会などが盛んなのはその思いを満足させているからなんだなと。


よく「刺激をもらいました」「元気をもらいました」と感じるのはそのせいでしょう。



知らない自分を見つける容易い方法は、「既知と未知」の使い分けを調和よでしょうか。


次回は8月2日です。
[PR]
by 4uall | 2010-07-26 15:14 | コーチ雑話
<< 回避可能な脅威 自分を信じていないこともあります >>