自分を信じていないこともあります

天候も定まらない日々が続いています。

参院選も結果がでました。大相撲も未曾有の事態になっています。

心機一転の開催場所が名古屋だけに、ゴタゴタは終わりにしてもらいたい気持ちです。


将来に向かって事を成す時、難問、難題、苦難、苦境に直面した時

「自分を信じろ」「自分を信じて戦う」とよく言うし、よく耳にします。出来る自分を映像化していきます。

もちろん、それを乗り越える、解決できる「自分を信じる」ということです。

別の言い方すると「できない自分を信じていない」という感じになります。


気持ちが乗っている時、気分が充実している時は「自分を信じろ」で大丈夫なようです。


壁にぶちたって、気持ちが落ちている、折れそうな時は「そんな自分を信じない」と

「できない自分を信じない」などと言い方を変えると、思考が切り替わります。


思考が切り替わると、視野が広くなります。


もちろん「そんなことはない、できると自分を信じる」でもいけるのですが

たまには、表現を変えると、気分も視野も変わります。


ご依頼人の手に入れたい将来も不可能とは思っていません。

ご依頼人の達成を支援する時、自分の過去の物差しや経験で測ることは僭越だと考えています。

ですから、無理とか不可能とかは一切考えもし、判断もしません。出来ることを引き出していきます。

当人が信じているなら、実現していきます。

それに、若輩浅学の身ですから不可能と断じる情報や材料も持ち合わせてい事も重要です。

この世は知らないことばかりです。

当人が断続でも思い続けていたら時間や時期が可能にすることはたくさんあります。
[PR]
by 4uall | 2010-07-12 10:02 | コーチ雑話
<< 知らない自分の見つけ方 PKはクジ引きのようなもの >>