「未達成は工夫を生み、成功はマンネリにる」

いろんな方とコーチ契約を結んでいます。


ご依頼人さんにとって、コーチ契約結ぶ理由は様々です。


私自身、コーチをつける理由を列挙しますと

・判断が明確になる


・効率が上がる考働がとれる


・結果を手に入れることができる


・身内にすら話せない話ができる


・吐き出すことにより気持ちが軽やかになる


⇒事に当たって、いい状態で取り組める

⇒いい状態だから、いい判断、いい結果を手に入れることができる

といった理由でしょうか。


第三者の視点で、同じ事を別の表現をしてくれることも

視野や発想が偏り勝ちな沈思黙考・自問自答に一石を投じてくれます。


そういう印象的な効果を自己体験していますのでコーチングで「尽聴」に活かせています。




以前、ある業界の管理職の方とのコーチングの中で何気なく言った言葉が表題です。

新製品による新規事業立ち上げに関するというテーマでした。

詳しい経緯は割愛しますが聴き尽くした後、感じたことをお伝えしました。



「未達成は工夫を生み、成功はマンネリにるという事でしょうか」と。


しばらくの沈黙のあと、声を弾ませて

「失敗は無駄ではない、無駄と思うから実践につながらない

 マンネリは安全思考なんだな」とおっしゃいました。


その後、いい結果を達成され、契約は終了いたしました。


コーチングでは、こちらが意図しないことが起こります。

それがコーチングとだと思っています。


ご依頼人様の一助になった、関わった体験は励みになります。


上手くいった体験は体験として、

「成功はマンネリになる」自分にも時々言い聞かせています。


次回は5/31です。


⇒告知

日本コーチ協会茨城チャプター設立10周年記念 6/19開催

講師 日本コーチ協会 理事長 桜井一紀様

  詳細 HP⇒http://www.coach-ibachap.com/
[PR]
by 4uall | 2010-05-24 08:45 | コーチ雑話
<< QCDでコーチング 昇華させるは聴尽力 >>